せのしゅんブログ

written by senosyun

MENU

コスパよくマイホームを建てる3つの方法|まだローコストメーカー探してるの?

コスパよくマイホームを建てる3つの方法|まだローコストメーカー探してるの?
「コスパよくマイホームを建てたい」

「どうすればコスパよくマイホームが建てられるんだろう」

「やっぱりローコストメーカーがいいのかな」

 

こんなことを考えてませんか?

 

いやいや。視野が狭すぎますよ。

他にも安くマイホームを建てる方法はあるんです。

 

※「数百万円たかくてもOK!デザイナーに丸ごとおまかせ!」

という方は別のページへどうぞ。

 

この記事を読めば、

  • 年収300万円でも夢のマイホームをゲット
  • 年収1000万円でもコスパのよいマイホームをゲット
  • 結果、毎日のくらしにお金をかけられるので幸福度アップ

こんな未来を実現できます

 

✓わたしの経歴

ここで少しわたしの経歴について紹介させてください。

 

・新卒で不動産ディベロッパー勤務
・建築業界歴12年以上
・50件以上、トータル数十億円の建物を建ててきた実績あり
・30%以上のコスト削減実績あり

 

こんな感じです。

 

今のあなたと同じ、建物を発注する側として仕事をしてきたので、

経験はたくさん積んでます。

 

ではさっそく、解説していきます。

コスパよくマイホームを建てる3つの方法

コスパよくマイホームを建てる3つの方法

いきなり答えをいうと、

✓要望を変える
✓間取りやグレードを変える
✓単価を見直す

 

これですね。

 

いわゆるローコスト住宅ってやつは、

「間取りやグレードを変える」というのに当てはまります。

 

みんな他の方法知らなさすぎますよ。

 

1つずつ解説するのでじっくり見てから行動すべし!

✓要望を変える

要望を変えるとマイホームの値段は劇的にさがります

なぜなら、そもそも家を小さくできたりするからです。

 

例えば、こんな感じです。

  • こども部屋は2つじゃなくて、1つでいい。または小さくていい。
  • たたみの部屋はなくてもいい。
  • カーシェア利用だから駐車場はなくてもいい。
  • トイレは1階だけにあればいい。
  • 外のフェンスや塀はなくてもいい。

 

やらない!という選択をするだけで、100万円~場合によっては1000万円単位でお金がさがります。

 

みんなやりたいことばっかり考えて、やらないことを決めてなさすぎ。

 

「うーん。たたみの部屋もあったほうがゴロゴロできるしな~」

って言う人いるかもしれないけど、ほんと無駄ですよ。

 

そのゴロゴロにいくらお金使おうとしてるんですか。

これこそコスパ悪すぎ。

 

要望を変えるのは、めっちゃ簡単、かつお金が劇的に下がる方法です。

✓間取りやグレードを変える

先ほども言ったように、ローコストメーカーを選ぶというのはここに当てはまります。

 

ただし!

「ローコストメーカー=なんでも安い」

というわけではなく、

ローコストメーカーが安いのは、間取りやグレードに制約があるからです。

 

ここを勘違いしないように。

 

では間取りやグレードを変えるというのは、

具体的にどんなことかというと、たとえばこんな感じです。

  • 家のかたちはデコボコせずに長方形か正方形。
  • 壁の位置がきまっていて、リビングが広くできない。
  • 窓を大きくすることができない。

 

これは1つの項目あたり10万~100万円単位でお金がさがるイメージですかね。

 

逆にいうとローコストメーカーじゃなくて工務店とかでもこの辺を守れば安くなりますよ。

 

まあ大手のハウスメーカーの場合は広告費とか営業の人件費とかあるから安くはならないだろうけど。。。

 

それでも間取りやグレードにこだわりたいって思う人いるかもです。

 

だけどそれって具体的にどんなことやりたいのかイメージありますか?

 

・いつでも音楽できるように防音室をつくりたい
・料理教室がひらけるように広いキッチンがほしい
・車いじりがしたいから大きなガレージがほしい

これくらい具体的なイメージがあれば全然OKですね。

 

「なんとなく間取りはこだわりたい!」と言ってても、

生活に支障ないレベルであれば、安い建物でもこだわれますよ。

 

間取りやグレードを変えるというパターンも視野に入れて検討しましょう。

✓単価を見直す

これはグレードを見直すのと間違えやすいのですが、まったく違います。

これ全然みんなやってないけど、一番やったほうがいいやつです。

 

何かというと、

業者からでてきた見積もりで、高すぎるものをチェックして値下げ交渉をする

ってことですね。

 

具体的には、

  • 外壁の単価が㎡あたり4万円だけど高すぎないか
  • 大した基礎工事でもないのに1000万円もするのはおかしい
  • 経費がやたらと高すぎって適正じゃないのではないか

こんな感じですね。

 

これをやることで、1つの項目あたり数万~数十万円、それがたくさんの項目であると思うので、100万円単位で下げれますよ。

 

そんなのプロじゃないからむずかしい!」って人もいるかもです。

 

こちらの記事にプロへの相談についてまとめました。興味がある方はどうぞ。

www.akanoren.net

 

 

これをちゃんとやってない人が多いからこそ、

やるだけで友達の家よりも安くいい家が買えることになりますよ!

まとめ

コスパよくマイホームを建てる3つの方法|まとめ

この記事の内容をまとめます。

 

✓要望を変える→やらないことを決める
✓間取りやグレードを変える→こだわりなければOK
✓単価を見直す→高すぎるものをチェック

 

ちなみに、書き終わって思いましたが、

家をコスパよくしない理由ってないですね。

 

家が少しでも安くなれば、それがローン払ってるあいだずっと続くわけだから、生活への影響もハンパじゃない。

 

もはや国民全員がやるべき!くらいの勢いです。

コスパのよいマイホームづくり、応援してますね~。 

 

✓プロへの相談について詳しく知りたい方向け

www.akanoren.net