MENU

20代でやっておいて良かった5つのこと|大企業で働く人向け

20代でやっておいて良かった5つのこと|大企業で働く人向け

「大企業で働いているのですが、20代でやっておくべきことってありますか?」

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容  20代でやっておいて良かった5つのこと|大企業で働く人向け

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyu_archi)です。

大企業で働く30代会社員です。

 

 

資産は現在4000万。

計算してみると、遅くとも10年以内には脱サラして不労所得で暮らせそうです。

 

 

 

こんなぼくが、20代でやっておいて良かったことを解説していきます。

 

 

大企業で頑張るのもいいけど、しばらく働いたあとは不労所得で暮らしたいな、と思う人には参考になるかと。

 

 

では、さっそく見ていきましょう~。

 

 

20代でやっておいて良かった5つのこと|大企業で働く人向け

20代でやっておいて良かった5つのこと|大企業で働く人向け

 

2つにわけて解説します。

 

 

  • じぶんで生きていくためにやるべきこと3つ
  • 見識を広げるためにやるべきこと2つ

 

 

 

じぶんで生きていくためにやるべきこと3つ

 

結論、この3つです。

 

 

  • 資産形成
  • 専門スキルの獲得
  • 転職活動

 

 

 

くわしい説明に行くまえに、前提条件だけサラッと解説。

 

 

いきなり悲報ですが、大企業は明らかにオワコンです。

会社に頼って生きていくのは、もうムリです。

 

 

「出世して、バリバリのエリート社員になるつもりなんですが、、、」

 

という人もいるかもですが、大企業での出世は、これから大してメリットがありません。

 

 

盲目的に大企業を信じるのはやめて、事実を見ましょう。

 

 

※くわしく知りたい人は、こちらをどうぞ。

 

www.akanoren.net

 

 

こんな時代をじぶんで生き抜くために、20代でやっておくべきことをまとめました。

 

 

資産形成

 

あなたは、資産形成やっていますか?

 

 

資産形成は、早く始めるほど効果が高いです。

 

 

こちらの図のようなイメージ。

 

運用

 

 

実際に、ぼくは20代前半から10年以上も資産形成をしています。

 

 

祖父の遺産という、少しまとまったお金が入ってきたり、リーマンショックのタイミングで投資が出来た、という要因もありますが、現在は資産が約4000万。

  

 

そして、大企業に頼らずに生きていくには、資産運用で生み出す不労所得は欠かせません。

 (一般的に、運用しているお金の4%程度が不労所得になり得ます)

 

 

資産形成は、20代から。

というか、今すぐにでも始めるべきですよ。

 

 

※たぶん、「資産形成はちょっと勉強不足です、、、」という人が多いので、こちらの記事も置いておきます。

 

www.akanoren.net

 

 

専門スキルの獲得

 

20代では、あなたの専門スキルに磨きをかけましょう。

 

 

なぜなら、沈みゆく大企業に頼らず生きていくためには、専門スキルがないと稼げないからです。

 

 

ぼくは、一級建築士の資格をもっています。

1年間必死で勉強しました。

 

 

 

この1年間は、

  • 友達との飲み会も断り、
  • 彼女とも別れ、
  • 朝は6時に起きて勉強

という感じでした。

 

 

仕事では、直接ぼくが図面を描くことはないのですが、「一級建築士」という箔がつくかどうかで、個人としての信用度が大きくちがいますよね。

 

 

将来、大企業に頼れなくなったときに、頼るべきはじぶんの力しかありません。

 

 

そのためにも、専門スキルを磨くのは20代でやっておくべきことではないかと。

 

 

※建築士の資格に興味がある人は、こちらもどうぞ。

 

www.akanoren.net

 

 

転職活動

 

転職活動をすると、会社に頼らず生きていくときに、じぶんがどういう方向性を目指すべきか明確になります。

 

 

ぼくは、転職活動で50社くらいにエントリーをしました。 

が、結果的には47社くらいは、書類で落とされました。

 

 

47社の多くは、

 

  • マーケティング
  • ビッグデータ分析

 

 

などの業界でして、今の仕事との関係は薄いものばかりでした。

(統計検定などの、上記の業界に関係する資格はもっていました)

 

 

一方で、建築業界はほぼ全て書類通過。

 

 

この経験を経て、じぶんの専門スキルは「建築」という点なのだと、あらためて認識することができました。

 

 

なので、個人で稼ぐにしても「建築」という軸で行くべきだと確信しました。

 

 

転職活動をしても、別に転職する必要はありません。

マンションの内覧に行っても、必ずしも買う必要がないのと同じです。

 

 

20代なら、気軽に転職活動をやってみるのも、わりとオススメですよ。

 

 

✓今のところ転職するつもりがない人向けの記事

 

www.akanoren.net

 

 

見識を広げるためにやるべきこと2つ

 

以下の2つです。

 

 

  • 海外一人旅
  • シェアハウス

 

 

 

大企業の会社員は、けっこう視野が狭い人が多いかと。

 

 

偏差値が高めの学校に行き、偏差値が高めの人が集まる大企業に就職。

ぼくも含め、これだと見識が広がりません。

 

 

まあ、かんたんに言うと、「中小企業で働く人のこととか知らない」って状態ですよね。

 

 

大企業のエリートのみなさん、外の世界をもっと知りましょう。

 

 

では1つずつ解説します。

 

 

海外一人旅

 

定番ですが、海外一人旅は行ってみたほうがいいかと。

誰にも頼らずに1人で生きていくのはこういうことか、という気持ちになります。

 

 

ぼくは、カンボジアに1人旅しました。

 

 

正直、あまりの自由さに今でも当時の風景が忘れられません。

 

 

トゥクトゥクに乗って、ジャングルの中を通った道。

朝日と共に見たアンコールワット。

遺跡の上に登ってみた、一面の平野。

 

 

会社に縛られる生活ではなく、いつか、こんな自由な暮らしをしたいと思いました。

 

 

海外1人旅は、20代ならやっておくべきことの定番メニューでしょう。

 

 

シェアハウス

 

シェアハウスに住めば、必然的にたくさんの人の話がきけて、見識が広がります。

 

 

できれば、30人以上の大規模なシェアハウスがいいですね。

 

 

ぼくも、これまで3つのシェアハウスに住んだことがあります。

 

 

大企業の社員もいましたが、

 

  • 中小企業の社員
  • フリーランス
  • カメラマン
  • デザインナー

 

 

みたいな人も多く、これまで付き合ってこなかったタイプの人も多くいました。

 

 

大企業にいると、どうしても似たような人が集まりがちです。 

が、これまで会ったことがないタイプの人の考えを聞くことで、人生観は変わってくるはず。

 

 

シェアハウスは初期費用も安いし、友達も増えるし、20代なら住んでみない理由がないかと。

 

 

くわしくはこちらでも解説していますので、興味があればどうぞ。

 

www.akanoren.net

  

 

まとめ:20代で会社から逃げれるようになろう

まとめ:20代で会社から逃げれるようになろう

 

この記事の内容をまとめます。

 

 

20代でやっておいて良かったこと5つ

  • 資産形成
  • 専門スキルの獲得
  • 転職活動
  • 海外一人旅
  • シェアハウス

 

 

 

大企業に入った20代の会社員は、たぶんやる気に満ち溢れているはず。

 

 

が、繰り返しますと、現実を見ると大企業はオワコンです。

 

 

現実逃避をするのではなく、20代のうちから準備をして、徐々に大企業からフェードアウトできるようにしておくのが良いかと。

 

 

今の世の中を見ていると、いつ給料がカットされたり、早期退職の募集をされたりしてもおかしくありません。

 

  

ANAやJR東日本ですら、給料カットされています。

 

 

20代なら合コンとかで朝まで遊ぶのも良いですが、将来を見据えて、少しでもじぶんで稼げるような仕込みをしておくのが良いですよ。

 

 

<追伸>

5つのうちに挙げませんでしたが、20代で副業をする、というのもおすすめ。 

大企業×副業というのは最強のキャリアです。

 

 

5つだけではなく、まだ余裕がありそうなら読んでみてください。

 

 

www.akanoren.net