MENU

新社会人はシェアハウスに住むべき話|自己投資しよう

新社会人はシェアハウスに住むべき話|自己投資しよう

新社会人
「社会人1年目です。引っ越し先を探しているのですが、一人暮らしとシェアハウスはどっちがいいのでしょうか。」

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容 
  • 新社会人はシェアハウスに住むべき話

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyu_archi)です。

上京して、合計3年近くシェアハウスに住んだ経験のある、30代の一級建築士です。

 

 

こんなぼくが解説していきます。

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

新社会人はシェアハウスに住むべき話

新社会人はシェアハウスに住むべき話

  

新社会人のうち、実家から通える人以外、全員シェアハウスに住むべきかと。

 

 

お金を貯めて、自己投資できるから

 

新社会人にとって、シェアハウスのメリットはこちら。

 

 

  • 家賃が安い
  • 家具・家電がいらいないので初期投資が少ない

 

  

シンプルにお金が貯まります。

そして、このお金をつかって自己投資ができます。

すると、さらに稼ぎが増えていきます。

 

 

実際にぼくはシェアハウスでお金を貯めまして、100万くらいする一級建築士の学校に通い、当時の社内で最年少の一級建築士になれました。

給料も少し増えました。

 

 

逆に、東京での一人暮らしで、仮に手取り22万だとするとたぶんこんな感じ。

 

 

  • 家賃8万円
  • 食費5万円
  • 交際費5万円
  • その他2万円
  • 合計20万円

  

 

月2万円しか貯金できません、、、

 

 

100万貯めようと思うと、50か月(4年弱)もかかりますね、、、

 

 

家賃を削るのが効率的

 

いちばんお金がかかっていて、かつコストを抑えやすいのが家賃です。

 

 

食費とか削っても、限界があります。

毎日パンの耳食べるとか、ツライじゃないですか、、、

 

 

よく家賃は給料の30%とか言いますが、かかり過ぎですね。

 

  

8時間働いているうちの、2.5時間くらいは家賃ということです。

なんのために働いているのか、悲しくなりますよ、、、

 

 

できれば、家賃は20%くらいに抑えたいところではないかと。

 

 

会社から遠い場所に住むという選択肢

 

「会社から遠くに住むのはどうですか?」

という人もいるかと。

 

 

たしかにそれでも家賃は安くなります。

が、自己投資する時間がなくなりますので、おすすめしません。

 

 

具体的には、こちらの図のようなイメージです。

 

 

比較図

 

 

他にも郊外でシェアハウスという選択肢もあります。

が、自己投資に使う時間を考えると、会社の近くでシェアハウスというのが、合理的な選択です。

 

 

ロジカルに考えるとこうなりますが、それでも一人暮らしにこだわりがあるのであれば、一人暮らしでも良いかもしれません。

 

 

ただ、「自己投資できない」というリスクをどれくらい許容できるのかは、事前に考えておいたほうが良いかと。

 

 

シェアハウス×自己投資は最強の組み合わせ

シェアハウス×自己投資は最強の組み合わせ

 

シェアハウスに住むと家賃が安く、初期投資がかからないので、明らかに自己投資がしやすくなります。

 

 

まれに「自己投資っているの?」という人がいますが、現代において自己投資していないと、ガチで詰みますね、、、

 

 

「終身雇用が崩壊」「年功序列の廃止」「副業解禁」となると、じぶんで稼ぐ力を身につけるしかありません。

 

  

そのためには会社の近くのシェアハウスに住み、時間と家賃を節約することで自己投資をするしかないです。

 

 

一人暮らしで自己投資をしようとすると、どうしてもお金がありません。

 

 

思い切って勉強することすらできない

→スキルアップができない

→どんどん会社に依存するしかなくなる

 

という感じの負のスパイラルに入ってしまいますよ。

 

 

貯金もいいですが、若いときの自己投資は、出世、転職、副業など後のキャリアにとても効いてきます。

 

 

もちろん一級建築士じゃなくても、プログラミングスクールとかでもOKです。

 

 

その後の人生にずっと役立つので、学習するのは早ければ早いほど良いですね。

 

 

新社会人はシェアハウスに住んで、スキルを伸ばす自己投資をしましょう。

 

 

ではここで記事を終えます。

 

 

✓主なシェアハウス検索サイトのリンク

 

✓シェアハウスのトラブルについて知りたい人向け

 

www.akanoren.net