MENU

庇を増築するときに、面積0㎡でも確認申請はいるのか|結論、必要です

庇を増築するときに、面積0㎡でも確認申請はいるのか|結論、必要です

既存の建物に庇を増築するときって、面積が0㎡でも確認申請がいるのかな?

 

 

こんな悩みに答えます。

 

 

✓この記事の内容
  • 庇を増築するときに、面積0㎡でも確認申請はいるのか|結論、必要です

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

ディベロッパーで働く一級建築士です。

 

 

30件以上の改修の経験があり、役所や審査機関の見解については、たくさんの事例を見てきました。

 

 

こんなぼくが解説します。

では3分で読めるのでサクッと見ていきましょう。

 

 

庇を増築するときに、面積0㎡でも確認申請はいるのか|結論、必要です

庇を増築するときに、面積0㎡でも確認申請はいるのか|結論、必要です

 

この記事では、「防火・準防火地域」の前提で話を進めます。

「防火・準防火地域以外の地域」であれば、10㎡以下の増築は確認申請が不要です。(建築基準法第6条第2項)

 

 

結論として、防火・準防火地域の場合、面積0㎡の庇を増築するときでも確認申請が必要です。

 

 

面積0㎡というのは、例えば下の図のようなときやな

 

 

庇

 

 

増築=床面積・建築面積の増加ではない

 

庇の増築に確認申請が必要なのは、床面積・建築面積が0㎡でも確認申請が必要という通達があるから。

 

 

いわゆる「0㎡増築」というやつやな

 

 

昭和27年建設省住宅局建築指導課長通達によると、「建築物に付属する門、へいを新設する場合にも確認申請が必要」という考え方になっています。

 

 

昭和27年建設省住宅局建築指導課長通達

 

照会:建築物に付属する板塀を新設する場合の確認手数料は20㎡以内のものとして200円を徴収してよいか。

 

回答:建築基準法の規定によって確認を要する場合(準防火地域・防火地域内)の確認手数料の確認申請手数料の額は、門、へいの額のみ確認申請したときには「延べ面積20㎡以内のもの」として取り扱い(以下、省略)

  

※現在、手数料は改正されています。

 

 

門やへいの床面積・建築面積は0㎡なので、たとえ0㎡であっても確認申請が必要ということやな

 

 

そもそも建築基準法に、「増築」の定義はありません。

新たに加わる部分が、建築基準法に則っているかを確認する必要があるときに、確認申請が必要となるわけですね。

 

 

まとめると以下の通り。

 

 

  • 門やへいは、床面積・建築面積が0㎡
  • 昭和27年建設省住宅局建築指導課長通達により、門やへいの確認申請は必要
  • 床面積・建築面積が増えなくても、新たに加わる部分があれば確認申請が必要
  • つまり、庇にも確認申請が必要

 

 

「増築=床面積・建築面積の増加」ではないので、要チェックやで~

 

 

参考:減築+増築でも確認申請は必要

 

「増築=床面積・建築面積の増加」ではないので、「減築+増築」で床面積が増えない場合でも、もちろん確認申請が必要です。

 

 

イメージは下記のとおり。

 

 

減築

 

 

くわしくは下記の記事で解説しているので、気になる人は見てみてください。

 

 

www.akanoren.net

  

 

まとめ:増改築の知識は将来性アリです

まとめ:建築士なら増改築の知識を身につけよう

 

この記事の内容をまとめます。

 

庇を増築するときに、面積0㎡でも確認申請はいるのか

  • 結論、必要です
  • 増築=床面積・建築面積の増加ではない
  • 減築+増築でも確認申請が必要

 

 

増改築には、建築基準法の細かい知識や解釈が必要となり、経験しないとなかなかむずかしいです。

 

 

でも、これからどんどん増改築の需要は増えていくので、法解釈について詳しくなっておくと、建築業界で生き残りやすくなるのではないかと。

 

 

とは言え、まだ増改築の経験が浅くてよくわかりません、、、

 

 

という人もいるかもです。

 

 

昔のぼくもそうでした。

そこで増改築の法律関係について調べまくった結果、ついに最高の本を見つけましたのでシェアします。

 

 

 

 

この本があれば、増改築の基本は網羅できます。

今回の庇の確認申請についても、わかりやすくまとめられています。

 

 

日経アーキテクチュアとビューローベリタスが著者なので安心や~

 

 

増改築について勉強したい人、実務で増改築をやっている人は、必読の本ですね。

ぜひ参考にしてもらえれば。

 

 

今回の記事はここまでです。では。