MENU

生命保険料は年払い・一時払いでマルっと支払うのがオトクな話

生命保険料は年払い・一時払いでマルっと支払うのがオトクな話

毎月の生命保険料が高いなあ、、、保障は変えずに出来るだけ節約をしたいのですが、何か良い方法はありますか?

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容
  • 生命保険料は年払い・一時払いでマルっと支払うのがオトクな話

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

2026年のセミリタイアを目指しており、資産は約4300万。

お金については、わりと詳しい方かと。

 

 

こんなぼくが解説をしていきます。

では3分で読めるので、サクッと見ていきましょう。

 

 

生命保険料は年払い・一時払いでマルっと支払うのがオトクな話

生命保険料は年払い・一時払いでマルっと支払うのがオトクな話

 

「生命保険料の支払い=月払い」と思っている人が多いかもですが、年払いを使えば約3%、一時払いを使えば約6%はオトクになります。

 

 

生命保険料を年払い・一時払いするとオトクな理由

 

生命保険料を年払い・一時払いするとオトクになるのは、「今のお金の価値の方が、将来のお金の価値よりも高い」から。

 

 

たとえば、現在の100万円を利回り3%で10年運用すれば、「134万円」になります。

 

 

現在価値

  

 

保険会社は保険金を運用して儲けるビジネスモデル。

 

 

10万円×10年という支払い方だと、保険会社は資産運用のメリットが小さくなってしまいますね

 

 

つまり少しでも早く保険料が手元にあるほうが、保険会社にとってはメリットが大きいというわけ。

 

  

こういう理由で、毎月の支払いよりも年払いや一時払いのほうが、生命保険料が割引されるということですね。

 

 

生命保険料を年払いや一時払いするときのデメリット

 

生命保険料を年払いや一時払いするときのデメリットとしては、「まとまったお金が出ていってしまうこと」です。

 

 

デメリット 生命保険

 

 

生活費が苦しい場合は、選ぶのがむずかしいですね、、、

 

 

逆に言うと、年払いや一時払いするお金があるのであれば、わざわざ月払いにする理由はありません。

すぐに支払い方法を変更するのがオススメです。

 

 

 

ぼくも両親が入ってくれていた生命保険を、月払いから一時払いに変更して割引を受けましたよ

 

 

生命保険料控除を受ける場合でも、年払いや一時払いの方が良いのか

 

「生命保険料控除」について気になる人もいるでしょう。

 

 

年払いの場合は、月払いと変わらず生命保険料控除が受けられます。

一方で一時払いの場合は、支払いを行った1年のみが生命保険料控除の対象となります。

 

 

一時払いの割引額にもよりますが、「おおむね一時払いのほうがオトクなことが多い」かと。

 

 

なぜなら、生命保険料控除(一般生命保険料控除)で控除できる金額は、普通のサラリーマンの場合年8000円程度だから。

 

 

生命保険料が総額600万円だとすると、割引率6%で一時払いをすると36万円が節約できます。

これは生命保険料控除の45年分に相当します。

 

 

 

こんなに時間がかかるなら、一時払いで割引をしてもらったほうが良さそうです

 

 

ちなみに、生命保険料控除は「所得控除」の1つで、払った保険料がそのまま税金から引かれるわけではありません。

 

 

詳しくは下記の記事で解説をしていますので、興味があれば見てみてください。

  

 

www.akanoren.net

  

 

年払いした生命保険料を解約したりする場合はどうなるのか

 

途中で解約する場合について心配な人もいるでしょう。

 

 

こちらも特にデメリットはありません。

原則、対象の月以降のお金は、きちんと返金されるのでご安心を。

 

 

返金

保険料の払込方法|公益財団法人 生命保険文化センター


  

年払いできるのであれば、年払いした方が良さそうですね

 

 

まとめ:生命保険料には定価がある

まとめ:生命保険料には定価がある

 

この記事の内容をまとめます。

 

 

生命保険料は年払い・一時払いでマルっと支払うのがオトクな話

  • 年払いを使えば約3%、一時払いを使えば約6%オトク
  • 今のお金の価値の方が、将来のお金の価値よりも高い
  • デメリットはまとまったお金が出ていってしまうこと
  • 生命保険料控除よりも、一時払いのほうがオトクな場合が多い
  • 年払いした場合、途中解約する場合などの返金も対応可

 

 

 

この記事を通してわかるのは、「生命保険料には定価がある」ということです。

月払いは分割払いみたいなものでして、その分手数料が高いだけ。

 

 

つまり、生命保険料の本来の定価は「一時払いしたときの金額」と言えますね

 

 

サクッとできる節約術なので、すでに保険に入っている人はぜひ検討してみてください。

 

 

他にもお金の知識に興味がある人は、ぼくのオススメ記事などのリンクを置いておくので、見てみてください。

 

 

www.akanoren.net

  

www.akanoren.net

  

www.akanoren.net

 

 

>> ぼくの資産形成の記事一覧はこちら

 

  

では、ここで記事を終えます。