MENU

「本が高い」と思う人にオススメな方法3つ【節約】

「本が高い」と思う人にオススメな方法3つ【節約】

本は読みたいけど、本ってけっこう高いよなぁ、、、まだ読みかけの本もあるから新しい本を買うにはまだ早いかも、、、気兼ねなく本が読める方法って何かないのかな、、、?

 

 

こんな悩みに答えます。

 

 

✓この記事の内容

「本が高い」と思う人にオススメな方法3つ【節約】

  • 図書館
  • キンドルアンリミテッド
  • メルカリ

 

  

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

月10冊近くの本を読んでおり、2026年のセミリタイアを目指している会社員です。

 

 

こんなぼくが解説をしていきます。

では、3分で読めるのでサクッと見ていきましょう。

 

 

「本が高い」と思う人にオススメな方法3つ【節約】

「本が高い」と思う人にオススメな方法3つ【節約】

 

結論は以下のとおり。

 

 

  • 図書館を使う
  • キンドルアンリミテッドを使う
  • メルカリを使う

 

  

「本が高い」と思う人にオススメな方法①:図書館

 

「本が高い」と思う人は、公共サービスの図書館を利用してはどうでしょうか。

ご存じのとおり、なんと「無料」で「本が読み放題」です。

 

 

当たり前と思うかもですが、このサービスは控えめに言って「最強」です。

 

 

ぼくも図書館で本を借りまくっており、今も自宅には10冊以上があります

 

 

近くに図書館があっても利用しないのは、もはや税金をムダに払っていますと言っても良いでしょう。

 

 

使える公共サービスは徹底活用するのが◎ですよ。

 

 

でも、古い本しかなかったり借りたい本がないときもありませんか、、、?

 

 

こう思う人もいるかもです。

でも問題ありません。

 

 

なぜなら、多くの図書館では本の予約サービスを行っていますし、もし本がなければ他の図書館から本を取り寄せてくれて、最寄りの図書館で借りられるサービスがあるからです。

 

 

もちろん返却も最寄りの図書館でOKです。

 

 

世田谷区図書館

世田谷区立図書館

 

 

上記のように、ネットショッピングのようなイメージで本の取り寄せができるので、読みたい本があれば一度検索してみると良いかと。

 

 

「本が高い」と思う人にオススメな方法②:キンドルアンリミテッド

 

次にオススメの方法はキンドルアンリミテッドを使うことです。

 

 

キンドルアンリミテッドとは、アマゾンが行っている「本の定額読み放題サービス」のこと。

 

 

 

 

なんと、「980円/月」で「約200万冊」が「読み放題」です。

 

 

月1冊読めば元が取れますね

 

 

しかも初回限定の30日間無料キャンペーンなども随時やっているようなので、ひとまずチェックしてみるのが良いかと。

 

 

ぼくとしては、ビジネスやマネー系のラインナップが充実しているのが気に入っています。

実際にキンドルアンリミテッドを使って投資を学び、現在のぼくは「総資産が4,500万を突破」しました。

 

 

 

>> 資産公開のページはこちら

 

 

ビジネス・マネー系の本を読みたいのであれば、圧倒的にオススメですよ。

下記にリンクを置いておきますね。

 

 

 

 

>> キンドルアンリミテッドのリンクはこちら 

 

 

「本が高い」と思う人にオススメな方法③:メルカリ

 

3つ目の方法は「メルカリ」をつかって本の売買をすることです。

新刊でも実質300円くらいで読めたりします。

 

 

新品の本を1回読んですぐ売りに出している人が多数いるようでして、新品同様の本がディスカウント価格で買えます。

 

  

で、自分も読んだらすぐにメルカリで売ればOKですね

 

 

デメリットとしては、本を梱包したりするのに手間がかかるということ。

ぼくの妻は梱包するのも楽しいようなのでよく使っていますが、ぼくはちょっとメンドイなと、、、

 

 

図書館とキンドルアンリミテッドをベースにして、本が見つからなければメルカリを使うというのが良いかと。

 

 

>> メルカリのリンクはこちら

 

 

まとめ:本が高くて何も読まないのは、大きな機会損失

まとめ:本が高くて何も読まないのは、大きな機会損失

 

本が高いから読まないというのは、かなりモッタイないです。

本を読むことで知見が広がりますし、実際に世帯年収が高いほど読書量が多いというデータもあります。

https://www.jpic.or.jp/press/docs/2009JPIC_research_R.pdf#page=3

  

 

ぼく自身も本を使って投資について学びを深め、実際に資産を増やすことができました。

これまで投資関連の本は、たぶん20冊以上は読んだかと。

 

 

 

そして図書館やキンドルアンリミテッドであれば、たくさんの本を読んでも値段は変わりません。

 

 

1冊の本を買うのにケチケチするよりも、図書館やキンドルアンリミテッドを使って手当たり次第に読書をしていくのが、ぼくのオススメの方法です

 

 

ぜひ活用してみてください。

では、関連するリンクを下記に置いておきますね。

 

  

>> キンドルアンリミテッドのリンクはこちら 

 

 

 >> メルカリのリンクはこちら

 

 

>> 資産公開のページはこちら

 

 

www.akanoren.net