MENU

奨学金は早めに返済すべきなのか|返済よりも資産運用すべき

奨学金は早めに返済すべきなのか|返済よりも資産運用すべき

奨学金を借りているけど、早めに返済したほうがいいのかな、、、資産運用したほうがいいという話も聞いたことがあるし、結局どっちなんでしょう、、、?

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容
  • 奨学金は早めに返済すべきなのか|返済よりも資産運用すべき

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

2026年のセミリタイアを目指しており、投資歴は約10年。

資産は現在4,500万円くらいです。

 

 

こんなぼくが解説をしていきます。

では、サクッと見ていきましょう。

 

 

奨学金は早めに返済すべきなのか|返済よりも資産運用すべき

奨学金は早めに返済すべきなのか|返済よりも資産運用すべき

 

奨学金は早期返済など目指さずに、せっせと資産運用にお金を回したほうが良いです。

 

 

奨学金は返済せずに資産運用すべき理由

 

奨学金は返済せずに資産運用をしたほうがいいのは、奨学金の利率が圧倒的に低いから。

 

 

日本学生支援機構のHPを見てみると下記のとおり。

 

 

JASSO

独立行政法人日本学生支援機構 - JASSO

※増額部分は私大の医学、歯学、薬学または獣医学部を履修する方など、特に学費が高い方向け。一般的には基本月額の欄を見ればOK。

 

 

利率見直し方式(いわゆる変動金利)だと、なんと0.002%というときもあります

 

 

これは1年で200万を借りてもたったの4000円しか利息がつかないということ。

これくらいなら1日バイトすれば返せます。

 

 

奨学金以外の利率(参考)

 

これがどれだけスゴイことなのか、他の指標も確認しておきましょう。

下記の図を見てください。

 

 

金利比較

※2021年3月時点の数値をもとに著者作成  

 

 

奨学金の金利は他の金利と比べて圧倒的に安いです

 

 

そしてこの表を見てわかるのは、「奨学金を借りて、世界分散型インデックス投資信託に投資すれば、年3~5%お金が増やせる」という事実。

 

 

ちなみに、これが銀行のビジネスモデルです。

普通預金0.001%の利率でお金を集め、世界中に投資をしています。

 

 

 

ふつうに儲かるので、確実にやったほうがいいです。

 

 

奨学金を借りて投資をするのは不安

 

でもお金を借りて、投資で資産を増やすなんて不安です、、、

 

 

という人もいるかもです。

でも大丈夫。別にデイトレードみたいなことは不要です。

 

 

銀行にお金を預けるかのように、証券会社の世界分散型のインデックス投資信託にお金を預けておけばOK。

 

 

やることは、ネットショッピングみたいなものです

 

 

これで奨学金の利息を上回るリターンで、お金が増えていきます。

 

 

世界分散型のインデックス投資信託については、詳しくは下記の記事から見てみてください。

 

 

www.akanoren.net

 

  

もちろんNISA制度を使うのもアリです。

めっちゃシンプルな投資なので、ぜひすぐに始めましょう。

 

 

奨学金を借りて資産運用するときの注意点

 

念のための注意点としては、下記のとおり。

 

 

  • 投資をすると一時的に元本を下回るときもある

  ⇒長期的には基本的に儲かるので、じっくり焦らないこと。

  • 奨学金の金利程度は払っておくこと

  ⇒複利効果で奨学金が雪だるま式に増えると困るので、金利分くらいは払いましょう。

  • できるだけ長く借りておくこと

  ⇒投資は長く続けるほどお金が増えていきます。長く続けるために、奨学金も長く借りましょう。

 

 

 

できるだけ長く続けることがポイントですね

 

 

まとめ:お金の仕組みを知れば、奨学金は怖くない

まとめ:お金の仕組みを知れば、借金も怖くない

 

この記事では、奨学金を活用してお金を増やす仕組みを解説してきました。 

正直、お金の仕組みや目安となる利率がわかっていれば、奨学金を借りることは全く怖くありません。

 

 

むしろ、借りられるなら今すぐにでも借りたいです

 

 

奨学金の利率は、ほとんどタダで貸してくれているようなもの。

このチャンスを活かしてぜひ資産運用を始めてみるべきです。

 

 

 

なるべく早く始めて長く続けることが、資産を増やすためのポイント。

ぜひこの機会に始めてみましょう。

 

 

下記にリンクを置いておくので、ぜひ読んでみてください。

 

 

www.akanoren.net

 

 

では、ここで記事を終えます。