MENU

メタマスクの使いかたを画像付きで解説|BSCでの入金まで

メタマスクの使いかたを画像付きで解説|BSCでの入金まで

BSC(バイナンススマートチェン)でメタマスクに入金したいです。使いかたをわかりやすく教えてください、、、

 

 

こんな疑問に答えます。

 

 

✓この記事の内容
  • メタマスクの使いかたを画像付きで解説|BSCでの入金まで

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

2020年から仮想通貨へ投資をしており、メタマスクでBSCも活用中。

運用資金は車一台分くらいです。

 

 

こんなぼくが解説していきます。

では、サクッと見ていきましょう。

 

 

✓仮想通貨のまとめ記事はこちら

 

 

 

メタマスクの使いかたを画像付きで解説|BSCでの入金まで

メタマスクの使いかたを画像付きで解説|BSCでの入金まで

 

そもそもメタマスクとは、BSCを使う上での「財布(ウォレット)」のような役割。

メタマスクを起点にして、BSCの各サービスを使うことになります。

 

 

メタマスク

 

 

BSCってそもそも何ですか、、、?

 

 

という人は下記の記事を先に読んでみてください。

 
www.akanoren.net

 

 

では、さっそく使いかたを解説していきます。

 

 

STEP1:メタマスクをChromeの拡張機能として追加する

 

まずはメタマスクをインストールします。

Chromeの拡張機能として、下記のリンクからインストールできます。

 

 

>> メタマスクをインストールする

 

 

下記の赤枠から「Chromeに追加」を選択。

 

 

メタマスク

 

 

「MetaMask」を追加しますか?と聞かれるので、「拡張機能を追加」を選択。

 

 

メタマスク

 

 これでメタマスクが追加できました。

 

 

メタマスク

 

  

STEP2:メタマスクで新規にウォレットを作成する

 

続いて、新規のウォレットをつくります。

下記赤枠の「Create a Wallet」を選択。

 

 

メタマスク

  

 

するとメタマスクの改善に協力してほしい旨のアナウンスが出るので、「I agree」でOK。

 

 

メタマスク

  

 

続いてパスワードの入力です。

最低8文字でパスワードを決めましょう。

 

 

メタマスク

 

  

ここが少し特殊なポイントですが、赤枠の部分をクリックすると12の英単語が出てきます。

 

 

メタマスク シードフレーズ

 

  

これは「シードフレーズ」と呼ばれており、あなたのウォレットを守るためのカギみたいなものです。

絶対に人に教えてはいけません。

 

 

これをなくすとメタマスクのバックアップも出来なくなりますので、しっかりメモしておきましょう

 

 

「次へ」をクリックすると、下記の画面になります。

ここでは、先ほどの12単語を選択して確認をすればOK。 

 

 メタマスク シードフレーズ

 

  

これで、メタマスクのウォレット作成が完了です。

 

 

メタマスク

 

 

STEP3:メタマスクにBSCネットワークを追加する

 

さて、ここからが本番です。

まずはメタマスクにBSCネットワークを追加します。

 

 

初期設定ではイーサリアムのネットワークになっていますよ

 

 

下記の赤枠部分をクリック。

 

 

メタマスク ネットワーク

 

 

次に「設定」を選択します。

 

 

メタマスク

  

 

設定の中のネットワークを選択すると、「ネットワークの追加」という項目がありますので、こちらをクリックします。

 

 

メタマスク ネットワーク

  

 

ここでBSCの設定をするわけですが、下記の画像のとおりに入力をします。

 

 

メタマスク ネットワーク

  

 

念のためコピペできるように文字でも書いておきます。

 

 

 

 

 

入力したら「Save」をクリック。

これでBSCの追加が完了です。

 

 

メタマスクのトップページに戻ってネットワークを「Binance Smart Chain」に変更しておきましょう。

 

 

メタマスク

  

 

これでSTEP3は完了です。

 

 

STEP4:バイナンスからメタマスクにBSCで送金する

 

STEP4では、バイナンスからメタマスクにBSCで送金をします。

まずは、メタマスクのトップページでアドレスをコピーしておきます。

 

 

「Binance Smart Chain」のネットワークになっていることを確認しておきましょう

 

 

メタマスク

  

 

つづいてバイナンス側での操作です。

まず「フィアットと現物」の「出金」のページに移りましょう。

 

 

メタマスク 送金

  

 

次に、「受取人のBTCアドレス」にメタマスクのアドレスをペースト。

そして一番重要なポイントとして、「バイナンススマートチェーン」のネットワークをバイナンス側でも選ぶこと。

 

 

メタマスク バイナンス

  

 

別のネットワークで送ると資金をロストしてしまいます、、、

 

 

ここは一番の注意点なので、よく覚えておきましょう。

 

 

あとは送金したい額を入力して、提出ボタンをクリックすればOKです。

数分後にはメタマスクで着金が確認できる‘はず’です。

 

 

 

なおBSCを使うのであれば、ガス代(BSC操作をするときに必要なお金)としてBNBが必要になるので、一緒に送ってしまいましょう。

 

 

STEP5:PancakeSwapからBTCBの入金を確認する

 

え、、、ビットコインを送金したのに、メタマスクに着金が確認できないのですが、、、

 

 

こういう人もいるのではないでしょうか。でも大丈夫です。

メタマスクにはなぜかビットコインの残高が反映されず、別のBSCサービスから確認することになります。

 

 

また、BSC上でのビットコインの名称は「BTCB」になっていますので知っておきましょう。

 

  

今回はPancakeSwapの画面から確認します

まず下記リンクからPancakeSwapにアクセス。

 

 

>> PancakeSwapはこちら

 

 

次に赤枠部分から、メタマスクにPancakeSwapを接続します。

  

 

pancakeswap

 

 

メタマスク pancakeswap

 

 

接続ができたら、左側の「Trade」の中にある「Liquidity」を選択。

さらに「Add Liquidity」をクリック。

 

 

pancakeswap

  

 

すると、メタマスクに保管されている通貨がどれくらいあるかを見ることができます。

 

 

pancakeswap

  

 

ここでBTCBの枚数がバイナンスで送った枚数と合っていれば、無事送金できていますよ

 

 

長い道のりでしたね。お疲れ様でした。

 

 

まとめ:メタマスクはBSCを使うためのハブ

まとめ:メタマスクはBSCを使うためのハブ

 

メタマスクは、BSCを使うためのハブになるようなウォレットです。

 

 

でも、まだまだここはBSCの入り口。

BSCでお金を増やしたいなら、次のステップへもどんどん進んでいきましょう。

 

 

ちなみに、ぼくのオススメのBSCプロジェクトはPancakeSwap

BSCの登竜門みたいになっているので、メタマスクに送金ができた人はぜひ使ってみてください。

 

 

 

年利100%超で増やすことも可能ですよ

 

 

PancakeSwapの記事を置いておくので、気になる人は見ていってください。

では、ここで記事を終えます。

 

 

✓PancakeSwapが気になる人向けの記事

 

www.akanoren.net

  

✓仮想通貨のまとめ記事はこちら

 

www.akanoren.net