MENU

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|めんどくさがりの方向け

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|めんどくさがりの方向け

楽天経済圏でポイントをガッツリ獲得していきたいです。
でも、たくさんサービスがあり過ぎて、どういう順番で始めるべきかわかりません、、、
めんどくさがりなので、出来ればラクに効率的にできるものを教えてください、、、

 

 

こんな疑問に答えます。

 

 

✓この記事の内容
  • 楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|めんどくさがりの方向け
  • 楽天経済圏をはじめる前に知っておくべきこと

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

2026年のセミリタイア目指しており、お金を増やすための知識を貪欲にあつめています。

2020年は楽天ポイントを年10万ポイント以上を獲得。

 

 

楽天経済圏 始め方

  

 

こんなぼくが、ありそうでなかった楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方を3ステップで解説していきます。

では、サクッと見ていきましょう。

 

 

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|めんどくさがりの方向け

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|めんどくさがりの方向け

 

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方は、下記の3ステップです。

 

 

  • ステップ1:仕組みを変える
  • ステップ2:一時的なサービスも取り込む
  • ステップ3:キャンペーンを活用する

 

 

 

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|ステップ1:仕組みを変える

 

ぼくもそうでしたが、「毎回ポイントのことを考えて必死になるのはうんざりだなぁ、、、」と思っていないでしょうか?

 

 

こういう人が楽天経済圏を「超」効率的にはじめたいなら、まずは「仕組みを変える」ところから始めましょう。

 

 

具体的には、下記の5つのサービスを導入することです。

 

 

  

 

なぜなら、これらのサービスは一度申し込んでしまえば、「頑張らなくてもポイントが貯まる」から。

 

 

  • 楽天カード  ☞カードをつくれば、あとは使うだけ
  • 楽天銀行   ☞口座をつくれば、あとは使うだけ
  • 楽天でんき  ☞申し込めば、あとは使うだけ
  • 楽天モバイル ☞携帯を変えれば、あとは使うだけ
  • 楽天証券   ☞口座をつくれば、あとは使うだけ

 

 

 

一度登録すれば、あとは自動でポイントが貯まるのが大きな魅力です。

 

 

圧倒的に便利なサービスなので、楽天経済圏の5レンジャーと呼んでいます

 

 

ポイントを集めるのに必死になって、グッタリ疲れ果ててしまうのは、残念ながらムダな労力。

まずは楽天経済圏の5レンジャーをつかうのが、必勝パターンですよ。

 

 

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|ステップ2:一時的なサービスも取り込む

 

ステップ1が完了したら、続いて一時的なサービスの取り込みにも進んでいきましょう。 

具体的には、下記のサービスをつかうことです。

 

 

  

 

上記のサービスは、使うときに「あ、楽天サービスを使わないと!」と意識する必要がありますが、ここを意識するかしないかで大きな「楽天ポイント格差」が生まれます。

 

 

楽天経済圏

 

 

特に「楽天ふるさと納税」や「楽天トラベル」は金額が大きく、インパクト大です

 

 

楽天経済圏の「お得意さん」になりたいのであれば、これらのサービスを使うのがテッパンですよ。

 

 

楽天経済圏の「超」効率的なはじめ方|ステップ3:キャンペーンを活用する

 

ここまで攻略したあなたは、もう中級レベル。

更にステップアップしたなら、「キャンペーンを使いこなす」のがポイントです。

 

 

具体的には、下記のキャンペーンのチェックをおすすめします。

 

 

 

  

楽天スーパーSALEは不定期ですが、お買い物マラソンと0か5のつく日は毎月やってくるので、「お買い物マラソン期間中かつ0か5のつく日」に買い物をするのが賢者です。

 

 

楽天経済圏

 

  

よくキャンペーンを調べまくって疲れ果てている人がいますが、まずはステップ1、ステップ2に取り組んでから、ステップ3のキャンペーンを使うのが賢い使い方ですよ。

 

 

ここまでくれば、年間10万ポイントはラクラク、状況によっては20万ポイントくらいサクッと達成できるはず。

これで楽天経済圏マスターです。おめでとうございます。

 

 

楽天経済圏をはじめる前に知っておくべきこと

楽天経済圏をはじめる前に知っておくべきこと

 

ここまで楽天経済圏のはじめ方を解説してきましたが、実は楽天経済圏をはじめる前に知っておくべきことがあります。

 

 

それは、「経済合理的に生きないとお金は増えない」ということです。

 

 

経済合理的に生きるとは

 

経済合理的に生きるとは、「お金が増えるための行動をとる」ということ。

 

 

そんなの当たり前ですけど、、、

 

 

と思う人もいるでしょう。

では、あなたは下記の質問すべてにYESと答えられますか?

 

 

  • 投資をしている
  • ムダな保険には入っていない
  • 格安SIMをつかっている

 

  

もし1つでもNOがあるのであれば、まだまだ経済合理的とは言えません、、、

 

 

キビシイ言い方ですが、メンドくさがって経済合理性を無視すると、当たりまえですがお金は増えません。

 

 

楽天経済圏をはじめるのもまったく同じでして、ぼくを含むミレニアル世代にとって、楽天経済圏を使うのは「常識」です。

 

 

たぶん、あなたの周りでも始めている人はたくさんいるので、時代に取り残されないようにサクサクと始めましょう。 

では。

 

 

✓この記事で紹介した楽天のサービス

 

✓ステップ1:仕組みを変える

 

✓ステップ2:一時的なサービスも取り込む

  

✓ステップ3:キャンペーンを活用する

 

   

>> 追伸

 

早く始めないと、シンプルに機会損失で損を垂れ流しています。

ステップ1から順に、すぐに登録しておくのが「経済合理的」ですよ。

 

  

www.akanoren.net

 

 

 ✓楽天経済圏のデメリットも知りたい人向け

  

www.akanoren.net