MENU

社会人が勉強するための本質論|テクニックも少し紹介

社会人が勉強するための本質論

こんにちは。せのしゅん(@senosyu_archi)です。

 

 

突然ですが、あなたは勉強していますか?

 

 

自信をもって「YES」と答えられる人は、この記事をそっと閉じてもらってOKです。

 

 

でも大半の人が、「ま、まあ、勉強したいとは思っているけどね、、、」という感じではないかと。

 

 

残念ながら、勉強してないとあなたはずっと社畜のままですよ。

 

 

とは言え、あなたの能力や意識が低い、というわけでもないです。

 

 

あなたが勉強できないのは、「勉強する必然性がないから」ではないでしょうか。

 

 

大学受験という必然性があるときは、あなたも必死で勉強したはず。

やればできるんですよ。

 

 

実は、昔のぼくもなかなか勉強ができませんでした。

勉強しようと思ってもやる気が起きず、Youtubeを見ながらベッドでダラダラする日々、、、

 

 

でも今では、朝6時におきて毎日勉強しています。

はやく勉強するために、会社での仕事もなるべくはやく終わらせるようにしていますね。

 

 

この記事を読めば、あなたも必然性をもって勉強に向き合うことができるはずです。

 

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

社会人が勉強するための本質論

社会人が勉強するための本質論|テクニック論も紹介

 

結論、社会人が勉強するためには、勉強する必然性をつくることです。

 

 

具体的には、「何か勉強しないと、、、」と考えるより、「じぶんは将来どうなりたいのか?」ということを、リアルにイメージできるまで考えましょう。

 

 

マーケティング業界では、よく言いますよね。

 

 

「人は理屈じゃなくて、イメージで動く」

 

 

「勉強するべき」という理屈ではなく、「勉強したあとに見える未来」を、じぶんに対する暗示にすればいいんです。

 

 

たとえば、ぼくの場合はこんな感じ。

 

 

  • 会社に縛られず、ブログとかの情報発信と、資産運用で生きていきたい。
  • そうなったら、宮崎とかの暖かいところに行く。温泉旅館に泊まりながらゆるゆるブログを書いていきたい。
  • 自宅は田舎で、海の近く。こじんまりとしてても、太陽がサンサンと入ってくるリビングをつくりたい。
  • 料理は近くの海で釣った魚を食べたい。
  • で、宮崎に飽きたら東南アジアに行きたい。数年過ごしてみてもいいかも。

 

 

ぼくは毎日、このイメージを鮮明に思い浮かべています。

 

 

すると、「頑張ろう」という意識なんかなくても、「少しでもイメージに近づきたい」と思って、気が付いたら勉強しています。

 

 

いわば、自転車に乗れるようになりたいこども、みたいな感じです。

 

 

やりたいこと、実現したいこと、というのは「努力」になりません。

「努力」なんてする必要ないんです。

 

 

やるべきは、「実現したい未来の実現」。

これだけです。

 

 

結果、ぼくの資産は約4000万、ブログは初心者の登竜門「月1万」をクリアすることができました。

 

 

こんな感じで、イメージする力というのは絶大です。

じぶんで、じぶんを思い込ませてしまいましょう。

 

 

参考までに、たぶん多数派であろう会社員として出世するパターンも、イメージしてみたので書いておきますね。

 

 

  • 若くしてビッグプロジェクトを動かしたい
  • 海外のビジネスマンとの交渉もなんなくこなし、社内からは憧れの的
  • 経営層からの覚えもめでたく、つねにいろんなプロジェクトからひっぱりだこ
  • 上司からも絶大の信頼を得ており、後輩からは慕われる

 

  

ただし、「会社員として出世を目指す」というのは、残念ながらオワコンなキャリアかと。

 

 

くわしく知りたい人こちらもどうぞ。

 

 

www.akanoren.net

 

 

勉強を続けるためのテクニック

勉強を続けるためのテクニック

 

ぶっちゃけ、テクニックに頼るよりも、強烈なイメージがあることのほうが本質です。

 

 

とは言え、「なにかテクニックがあるのであれば知りたい」というのも、わかります。

 

 

そこで、ぼくが使っている3つのテクニックを紹介します。

 

 

テクニック1:23時に寝て6時に起きる

 

なぜなら夜には誘惑が多すぎるからです。

 

 

ついつい、お酒を飲んでダラダラしながらYoutubeやNetflixを見てしまった、という経験はないですか?

 

 

一方で、朝にはほとんど誘惑はありません。

朝6時から、Netflixで韓国ドラマを見る人は少ないですよね。

 

 

すると、やることがないので必然的に勉強するしかありません。

 

 

しかも朝は頭もスッキリしているので、勉強もはかどるはず。

 

 

こういうわけで、「23時に寝て6時に起きる」というのは、わりとおすすめです。

 

 

テクニック2:先に投資する

 

勉強するのに必要な投資は、先にしてしまいましょう。

 

 

お金を払ったら、もとをとるためには勉強するしかありません。

 

 

実際に、ぼくもブログを始めるにあたり、9万円くらいのPCを買いました。

 

 

ぶっちゃけ、「性能は少し低いけど、とりあえずブログは書ける」というくらいのPCも持っていました。

 

 

でも、「ブログを書くためにストレスフリーな環境を整えたい」と思い、まだ1円も稼いでいないのに奮発して購入しました。

 

 

結果的には、「9万円まではなんとか稼ぎたい、、、じゃないと嫁にカッコがつかない、、、」という気持ちになり、必死で取り組むようになりましたね。

 

 

先に投資をしてしまえば、じぶんを追い込むことができます。

無理やりじぶんを動かすためには、おすすめですよ。

 

 

テクニック3:すぐに勉強できるようにしておく

 

勉強するために、必要な作業はできるだけ減らしておいたほうが良いです。

 

 

なぜなら、その準備さえも「メンドイな、、、」という気持ちになっていくからです。

 

 

あなたもジムに行く前に、「スポーツウェアに着替えるのがメンドイな、、、」と感じたことはありませんか。

 

 

で、あれば最初からスポーツウェアを着ておけば良いわけです。

 

 

ぼくは、常にブログが書けるように、PCは机の上に置きっぱなしです。 

在宅勤務しているときでも、横にはプライベート用のPCが置いてあります。

 

 

すきま時間があれば、すぐにでもブログのことを考えられるようにしています。

 

 

こんな感じで、環境を整えておくと、勉強へのハードルが1つ下がりますよ。

 

 

まとめ:具体的なイメージだけが、あなたを変える

まとめ:具体的なイメージだけが、あなたを変える

 

この記事の内容をまとめます。

 

社会人が勉強するための本質論

⇒強烈なイメージを持って、じぶんに暗示をかけよう

勉強を続けるためのテクニック

  • 23時に寝て、6時に起きる
  • 先に投資をする
  • すぐに勉強できるようにしておく

 

 

 

勉強しないと、何も変わりません。

このまま社畜生活です。

 

 

勉強という自己投資だけが、あなたを自由にしてくれます。 

あなたは勉強してスキルを身につけたら、どんな暮らしをしてみたいですか?

 

 

具体的なイメージだけが、あなたを導いてくれますよ。

 

 

あなたが1年後、理想に少しでも近づいていることを応援しています。