MENU

大企業での出世には未来がない話|出世から逃げたい人向け

大企業での出世には未来がない話|出世から逃げたい人向け

大企業社員の人
「会社での出世という未来は明るいのかな。責任が重くなるだけだという話も聞くし、将来が不安です、、、」

 

 

こんな悩みにこたえていきます。

 

 

✓この記事の内容
  • 大企業での出世に未来がない話
  • 出世から逃れる3つの方法
  • 出世から逃れるために20代からやっておくべきこと

 

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyu_archi)です。

いわゆる大企業の会社員で、ゆる~く副業で稼ぐことを目指す一級建築士です。

 

 

ではさっそく見ていきましょう。

  

 

大企業での出世に未来がない話

大企業での出世に未来がない話

 

残念ながら、大企業での出世には未来がありません、、、

 

 

出世競争がキビシスギ

 

大企業での出世は、まじでキビシスギです。

 

 

たぶん部長になれる人は同期の10%くらいかと。

残りの90%の人は出向か、万年課長、またはそれ以下。

 

 

ぼくの会社だとこんな感じ。

 

  • 平社員
  • →係長(100%)
  • →課長補佐(70%)
  • →課長(40%)
  • →部長(10%)
  • →事業部長(3%)
  • →役員(1%)
  • →社長(0.0…%)

 

 

 

事業部長になれるのは、ガリガリ君の当たりが出るくらいの確率です。

むずかしいですね。

 

 

大企業だと、同期も優秀だったりするのでとんでもない競争です、、、

 

 

出世する人の特徴がイケてない

 

出世する人には共通する特徴があります。

それがこちらの通り。

 

 

  • 酒・ゴルフが好き
  • 顔色うかがいがうまい
  • 威圧感がある
  • 声がでかい
  • 仕事の無茶ぶりが多い
  • 妙にテカっている

 

 

 

あなたの周りにもこんな上司がいませんか?

 

 

ぼくの周りにもいますが、ぶっちゃけ全然こうなりたいとは思いません、、、

 

 

これらに当てはまらない人は、優秀かどうかは置いておいて、環境や性格の問題として出世はむずかしいかもです。

 

 

出世しても給料には限界がある

 

いわゆる大企業とかだと、だいたいこんな感じの年収になるかと。

 

 

  • 平社員(400-600万)
  • 係長(800万)
  • 課長補佐(1000万)
  • 課長(1200万)
  • 部長(1500万)
  • 事業部長(2000万)
  • 役員(2500万)
  • 社長(3000万)

 

 

 

部長で1500万というと、

「お、けっこうもらってるな」

と思うかもしれません。

 

 

しかし、

  • 会社に30年近く奉仕して
  • きびしい競争を勝ち抜いて、
  • さらに税金で500万くらいがっつり減らされる
  • だけど責任だけは重い

と考えると、わりに合わないですね。

 

 

一方で起業している人とかだと、年収1500万どころか3000万も超えている人がザラにいます。

 

 

しかも会社員の手取りは年々減っており、これからもその傾向は変わらないかと。

 

手取り

 (ダイヤモンド・オンライン

 

 

大企業での出世は、何十年もかけて目指すほど魅力的ではないというのが実情です。

 

 

出世から逃れる3つの方法

出世から逃れる3つの方法

 

こんなハードな出世競争から逃れるには3つの方法があります。

 

①:副業で収入を得て、会社では出世を目指さない
②:資産運用の不労所得を増やす
③:独立起業する

 

 

これらを組み合わせてもOKです。

ぼくは①と②を進めながら、将来的には③を目指しています。

 

 

いきなり独立起業というパターンはよほど準備していないときびしいので、たぶんたいていの人がぼくと同じパターンになるのではないかと。

 

 

参考までに会社員におすすめの副業はこのあたりです。

 

 

  • ブログ
  • Youtube
  • ラジオ
  • WEBライター
  • プログラミング

 

 

 

自宅で初期投資がほぼかからないので、やるとすればネット副業が良いですね。

 

 

気になる人はマナブさんのYoutubeが勉強になりますよ。

 

 

出世から逃れるために20代からやっておくべきこと

出世から逃れるために20代からやっておくべきこと

 

では、出世から逃れるために出来れば20代からやっておくべきことを紹介します。

 

 

こちらの3つです。

 

  • 専門性を磨く
  • 資産運用をはじめる
  • 勉強する

 

 

 

専門性を磨く

 

副業をするにしても、自分の専門性がないとなかなかうまくいきません。

 

 

特にネット副業の場合は、専門性や実績がないと信用ゼロです。

 

 

たとえば、

 

  • 一級建築士の家づくりのブログ
  • 素人の家づくりのブログ

 

 

の2つだと前者のほうが信頼できそうですよね。

 

 

もう1つ例を出します。

 

  • ミュウツーを捕まえた人のポケモン攻略法
  • ヒトカゲを捕まえた人のポケモン攻略法

 

 

これも前者のほうが有益そうです。

 

 

こんな感じで、まずは専門性を磨いておくことが重要です。

 

 

もちろん、この専門性は本業にも活きるので損することはまったくなしですね。

(ポケモンが本業に活きるか、という質問は置いておきます、、、)

 

 

でも専門性が何もありません。という人もいるかもです。

 

 

基本的に、仕事をしていれば何かしらの専門性があるとは思うのですが、それでも専門性がないということであれば、まずはそれをつくるところからスタートしましょう。

 

 

おすすめは、自分のいる業界についての専門性をつくることです。

 

 

たとえば建築業界なのであれば、「一級建築士」というわかりやすい指標がありますよね。

 

 

もちろん資格じゃなくても、

 

「〇〇の売り上げで社内で若手NO.1になりました」

 

とかでも良いです。

 

 

理想としては、履歴書に書けるくらいの専門性があると良いですね。

 

 

資産運用をはじめる

 

これも重要です。

 

 

なぜなら資産運用は、なるべく早く始めたほうがメリットが大きいからです。

 

 

こちらのグラフをみてもらうとわかるように、年数が経つにつれて2次曲線でお金が増えていきます。(複利効果)

 

複利

  

おすすめとしては、積み立てNISAの上限の年40万円とフルに使って、月3.3万円をコツコツ始めていくことです。

 

 

参考までに、ぼくは10年くらい資産運用をしてきて、30代前半で4000万くらいまで資産を増やせました。

 

 

あなたはいくらまでお金を増やしていきたいですか?

 

 

こちらの記事でも解説しています。

 

www.akanoren.net

 

 

勉強する

 

あなたは毎日勉強していますか?

なんと日本の社会人の平均勉強時間は、1日6分だそうです、、、

 

 

当たり前ですが、勉強しないと稼げるようにはならないですよね。

 

 

逆に言うと、毎日6分以上勉強するだけで偏差値50を超えられるわけですから楽勝です。

 

  

もし何を勉強すればいいかわからないという人はとにかく本をたくさん読みましょう。

 

 

小説ではなく、ビジネス本とか、副業の本とか、資産運用の本がオススメですね。

 

 

ちなみにぼくは、Kindle UnlimitedKindle Paper Whiteを使っています。

 

 

Kindle Unlimitedは200万冊が980円/月で読み放題。

1か月に1冊読めばもとがとれますのでめっちゃオトクです。

 

 

Kindle Paper Whiteは目がチカチカしないし防水なので、夜寝る前とか、お風呂の中とかで読んでます。

 

 

ほかにもメルカリで売り買いして安くすませるという方法もありますね。

 

 

個人的にはおもしろくない本はどんどん飛ばして、つまみ食いみたいな読み方ができるのでKindle Unlimitedにしてます。

 

 

この辺は人によって好みがわかれるので、あなたの好きな方を選べばよいかと。

 

 

いずれにしろ、読書は自分に対する投資なので、ケチケチせずにサクッとポチるくらいでいったほうが良いですね。

 

 

まとめ:行動しないと未来は変わりません

まとめ:行動しないと将来は変わりません

 

この記事の内容をまとめます。

 

大企業での出世に未来がない話

  • 出世競争がキビシスギ
  • 出世する人の特徴がイケてない
  • 出世しても給料には限界がある

出世から逃れる3つの方法

  • 副業で収入を得て、会社では出世を目指さない
  • 資産運用の不労所得を増やす
  • 独立起業する

出世から逃れるために20代からやっておくべきこと

  • 専門性を磨く
  • 資産運用をはじめる
  • 勉強する

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

が、残念ながらこれを読むだけでは何も人生はかわりません。

 

 

行動してこそ、少しずつ人生は変わっていきます。

 

 

あなたは今すぐ行動しますか?

それとも行動するのは先送りにしますか?

 

 

さいごに、この記事に関連したリンクを置いておきます。

 

 

✓まずは読書からスタートしたい人向け

 

✓建築業界で専門性を高めたい人向け

 

www.akanoren.net

  

 

✓資産運用の初心者向け

 

www.akanoren.net

  

www.akanoren.net