MENU

大企業とベンチャーはどっちがいいのか|結論、たぶん大企業

大企業とベンチャーはどっちがいいのか|結論、たぶん大企業

会社選びに悩む人
「大企業とベンチャーはどっちを選べばいいんだろう、、、どんな人向いているのかも知りたいです。」

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容 
  • 大企業とベンチャーはどっちがいいのか|結論、たぶん大企業
  • 大企業よりも、ベンチャーに向いている人
  • 大企業はオワコン

 

 

  

こんにちは。せのしゅん(@senosyu_archi)です。

 

 

いわゆる大企業で7年働く会社員です。

 

 

就職活動では、40社くらいを受けました。

転職活動では、ベンチャー含めて50社近くを受け、結果的に転職はせずに副業しています。

 

 

こんな感じで、キャリアに迷いまくって行きついた答えを解説していきます。

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

大企業とベンチャーはどっちがいいのか|結論、たぶん大企業

大企業とベンチャーはどっちがいいのか

 

たぶんですが、大半の人は大企業がよいかと。

 

 

大企業は、やりたいことがゆるふわでもOK

 

大企業に入る人は、進みたい道がフワフワしていてもOKだからです。

 

 

大企業なら、人事の人が適正を見て、配属を適当に振り分けてくれます。

 

 

たぶん、働いたこともないのに進みたい道がガッツリ決まっている人なんか、ほとんどいないですよね。

 

 

実際にぼくも、将来どんなことをやりたいか、なんてよくわからず就職しました。

 

  

で、実際にやってみると、

「あ~人と交渉しながらプロジェクトを進めていくのは得意だけど、細かいチェックは苦手だな、、、」

ということがわかりましたね。

 

 

とは言え、もちろん就職活動のときは、「こういうことがやりたいです!」とは言ってきましたよ。

 

 

でも、それって本気で思っている人ってどれだけいるんですかね?
就職のために、じぶんに思い込ませていませんか?

 

  

ぜひじぶんの胸に手を当てて、素直に考えてみてください。

 

 

仕事の好き嫌いは、結局やってみないとわからないので、いろんな選択肢がある大企業がまずはおすすめかなと。

 

 

大企業×副業は最強

 

これが、もう1つ大企業がおすすめな理由です。

 

 

現代において、大企業×副業が最強のキャリア戦略です。

なぜなら、ローリスク・ハイリターンだから。

 

 

大企業で安定した収入をもらいながら、年収が青天井の副業を目指せば、リスクをおさえながら、収入を増やすことができます。

 

 

副業がうまくいけば、独立して会社を辞めるという選択肢もありですね。

 

 

大企業の社員には、こんなズルいゲームができるんです。

 

  

まさに、ぼくもこのコースを歩んでいるところ。
平日は仕事をサクッと終わらせて、副業のことしか考えていません笑。

 

  

このあたりは下記の記事でもくわしく書いているので、興味があれば読んでみてください。

 

 

www.akanoren.net

  

 

繰り返します。

あまり気が付いている人は多くないかもですが、大企業×副業は最強キャリアですよ。

 

 

大企業よりも、ベンチャーに向いている人

大企業よりも、ベンチャーに向いている人

 

では、大企業よりもベンチャーに向いている人は、どのような人でしょうか。

 

 

結論としては、ベンチャーに向いているのは、進みたい道が完全に決まっている人かと。

 

 

この記事は、建築系の人も多く読んでいると思うので追記しておくと、ベンチャーには、いわゆる有名建築家のアトリエ事務所を含みます。

 

 

たぶん死ぬほど働かされるけど、この先死なないで食っていけるくらいの専門スキルはつきます。

 

  

またベンチャーは忙しいので、副業をしたりする時間はありません。

キャリアを変えるにしても、ベンチャーで選んだ道の延長線上というかんじかと。

 

 

ITベンチャーに入ったのに、「明日から有名建築家をめざします」なんて人はいませんよね。

 

 

こんな感じで、ベンチャーの道を選ぶときは、「その道で飯を食っていくんだ!」という強い気持ちがあることが条件です。

 

 

大企業はオワコン

大企業はオワコン

 

「どの仕事が向いているかわからないから、とりあえず大企業を選ぶ」というのは、別にOKです。

 

 

ただし、その後も大企業でずっと働き続けようと考えるのは、たぶんやめておいたほうがいいですね。

 

 

理由としては、以下のとおり。

 

 

  • 部長くらいまで出世できる人は、同期の10%以下
  • 会社員への税金は上がっている(これからも上がる)
  • 退職金は年々減っている(これからも減る)
  • 年功序列と終身雇用はぶっ壊れている

 

 

 

じっさいに、ぼくは大企業で働いていますが、将来が明るいなんてまったく感じません。

 

 

ぶっちゃけ、大企業の中にいる人は思考停止で、

 

  • じぶんだけは出世できる
  • じぶんだけは辞めることはない
  • じぶんだけはお金が貯まる

 

 

となぜか思い込んでいます。

 

 

これに染まると、あなたもオワコンになってしまいますよ。

 

 

大企業オワコンへの対策 ⇒ 副業しよう

 

大企業オワコン対策として、副業はかならずやりましょう。

 

 

さっきも言いましたが、大企業×副業は最強です。

 

 

大企業の中でゆるゆる働きながら、副業ではモーレツにがんばりましょう。

 

 

副業で月5万円でも収入があれば、

 

  • 出世にこだわりすぎなくても良くなる
  • 退職金が少なくても、毎月の収入を得られる
  • 税金対策で経費をつかえる

 

 

などのメリットがあります。

 

 

じっさいに、ぼくも少ないながらも副業収入が生まれてきて、

 

  • 出世にはこだわらい
  • 老後のくらしも安心かも

 

 

という感じになってきました。

 

 

出世にこだわり過ぎないので、メンタルも穏やかになりますね。

 

 

ぼくは月20万くらいになったら、脱サラして地方に移住してゆるゆる暮らそうと思っています。

 

 

これで、つまらない会社での生活からは、めでたくおさらばです。

 

 

これが、2020年代における会社員のあるべき姿ではないかと。

 

 

くわしくは、こちらの記事もどうぞ。

 

 

www.akanoren.net

 

 

まとめ:大企業かベンチャーか、それとも副業か

まとめ:大企業かベンチャーか、それとも副業か

 

この記事の内容をまとめます。

 

大企業とベンチャーはどっちがいいのか|結論、たぶん大企業

  • やりたいことがゆるふわでOK
  • 大企業×副業は最強

大企業よりも、ベンチャーに向いている人

⇒進む道が決まっている人

大企業はオワコン

⇒副業しよう

 

 

 

大企業かベンチャーか、という議論はこれまで散々くりかえされてきました。

 

 

でも、副業という概念がだんだんと浸透していくことで、この答えは明らかに「大企業」になりつつあります。

 

 

大企業は副業と組み合わせることで、最強のキャリアになります。

 

 

いわば、カレーに福神漬けが付いているようなもの。

まさに最強の組み合わせです。

 

 

 

大企業でバリバリがんばるのもいいですが、残念ながら大企業に未来はないです。

 

 

それならじぶんで暮らせるくらいのお金を稼ぎ、ゆるゆる暮らしたほうが自由でたのしいかなと。

 

 

では、あなたのキャリアが成功するように応援していますね。

 

 

紹介した記事のリンクを貼っておきますので、よければどうぞ。

 

 

www.akanoren.net

 

 

www.akanoren.net