MENU

共働き家計は楽天経済圏を使うのがおすすめ|10万ポイント獲得可能

共働き家計は楽天経済圏を使うのがおすすめ|10万ポイント獲得可能

こんにちは。せのしゅん(@senosyu_archi)です。

楽天経済圏にドップリつかる、30代の共働き夫婦です。

 

 

突然ですが、楽天経済圏つかい倒してますか?

 

 

「楽天カードくらいは持ってるけど、、、」

という人が多いのではないかと。

 

 

でも、それだけでは楽天経済圏をつかい倒しているとは言えません。

 

  

だけどもし、10万ポイント以上が貯まる、楽天経済圏をつかった家計管理の方法があればどうでしょう。

 

 

ぼくは、ポイントが貯まる家計管理の方法に強いこだわりを持っています。

 

 

なぜなら、1度仕組みをつくってしまえば、半永久的に効率的にポイントが貯まる家計管理ができるからです。

 

 

この方法を使えば、どんな家庭でもポイントによる節約が実現できるはず。

 

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

✓セミリタイアのまとめ記事はこちら

 

www.akanoren.net

 

 

共働き家計は楽天経済圏を使うのがおすすめ

共働き家計は楽天経済圏を使うのがおすすめ

 

共働き家計で楽天経済圏をつかうのは、メリットあり過ぎです。 

メリットあり過ぎて、楽天が倒産するんじゃないかな。

 

 

楽天経済圏は、ポイントが貯まりまくる

 

論より証拠。これが我が家の総獲得ポイントです。

 

 

楽天ポイント

 

 

2019年の途中から楽天経済圏に移行したので、2020年を見てもらうとわかりやすいですね。

 

 

ぼくと妻の合計で、1年で10万ポイント以上です。

 

 

クリスチアーノ・ロナウド並みに、荒稼ぎしてます。

 

 

使っている楽天サービスは、こちらの通り。

 

 

  • 楽天市場
  • 楽天銀行
  • 楽天カード
  • 楽天証券
  • 楽天ふるさと納税

 

 

「楽天モバイル」や「楽天でんき」も今後入れていく予定です。

 

 

しかし、ここまでならやっている人もいるかもしれません。

 

 

でも、単に楽天のサービスを使うだけでは不十分。

 

 

ポイントを荒稼ぎするには、最適な設計図をつくることが大事なんです。

 

 

共働き家計で楽天経済圏をつかうときの設計図

共働き家計で楽天経済圏をつかうときの設計図

 

楽天にできるところは、すべて楽天にする。

どうしても出来ないところは、合理的に選ぶ。

 

 

これが設計図のルールです。

 

 

では、ずばりお見せします。

こちらが我が家の家計の設計図です。

 

 

設計図

 

 

重要なのは、以下のとおり。

 

 

  • 楽天カードは、2枚持ちができる(1枚目がJCBの場合)
  • 楽天カードは、家族カードがつくれる
  • 楽天証券には、5万円まで楽天カードで投資してポイントをもらえる
  • 楽天銀行口座は、1人1口座しかつくれない
  • 夫婦の共通口座は、便利なネット銀行、かつ定期入金に手数料がかからないソニー銀行を選択

 

  

これを参考にして家計管理をすれば、10万ポイントくらいがザクザク自動的に入ってきますよ。

 

 

共働きは忙しいので、出来るだけ手間がかからないように、自動入金を活用するのが重要ですね。

 

 

楽天経済圏をつかえば未来も変わる

楽天経済圏をつかえば未来も変わる

 

ポイントがザクザク貯まって節約ができるようになると、以下のような思い切った投資ができるようになります。

 

 

  • スキルアップのための自己投資
  • セミリタイアや老後に向けた資産運用
  • こどもの習い事

 

 

断言します。

楽天経済圏をつかえば、未来を変えることも可能です。

 

 

少し大げさかもしれませんが、毎年10万円の収入が入ってきて、これを未来に投資できると思うと影響はかなり大きいはず。

 

  

毎年10万円がもらえるとすれば、あなたは何に使いたいですか?

 

 

では、すばらしい楽天経済圏ライフを。

 

 

 ✓楽天のサービスリスト

 

✓セミリタイアのまとめ記事はこちら

 

www.akanoren.net