MENU

配偶者特別控除をわかりやすく解説【節税】|103万の壁超えれます

配偶者特別控除をわかりやすく解説【節税】|103万の壁超えれます

節税してお金を貯めたいなあ、、、でも税金のこと詳しくないし。配偶者控除は聞いたことあるのですが、配偶者特別控除って何ですか?

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容
  • 配偶者特別控除をわかりやすく解説【節税】|103万の壁超えれます

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

2026年のセミリタイアを目指しており、ゴリゴリ節税をしています。

資産は約4300万。

 

 

こんなぼくが解説していきます。

では、3分で読めるのでサクッと見ていきましょう。

 

 

配偶者特別控除をわかりやすく解説【節税】|103万の壁超えれます

配偶者特別控除をわかりやすく解説【節税】|103万の壁超えれます

 

配偶者特別控除は「所得控除」の1つであり、配偶者控除の上位互換みたいなイメージです。

 

 

まず配偶者控除がわかりません、、、

 

 

という人は、下記の記事から先に読んでみてください。

 

 

www.akanoren.net 

 

配偶者特別控除とは

 

配偶者特別控除とは、配偶者控除の「所得48万円以下」という条件を緩和して、その代わりにだんだんと控除額を減らすという仕組み。

 

 

たぶん、下記の表を見ると一目瞭然です。

 

 

✓所得税についての配偶者特別控除

 

配偶者特別控除

No.2672 年末調整で配偶者控除又は配偶者特別控除の適用を受けるとき|国税庁

 

 

配偶者の所得で言うと、「48万以下が配偶者控除」。「48万超~133万以下が配偶者特別控除」が適用されますね。

 

 

シンプルに言うと、「所得48万以下でバッサリ切ると、所得49万の人がかわいそうだから、徐々に控除額が減っていくことにしよう」ということです。

 

 

配偶者特別控除をつかえば、103万の壁を超えても150万までは所得税がかかりません。

そのあとは、だんだんと控除額が減っていくわけです。

 

  

「控除額 = 節税額」ではないのでこの先も計算が必要ですが、これは配偶者控除と同じなので、気になる人は下記の記事を読んでみてください。

 

 

www.akanoren.net

  

 

配偶者特別控除の条件

 

配偶者特別控除の条件は、下記のとおりです。

なお配偶者の条件は、主なもの2つに絞って解説します。

 

 

✓控除を受ける納税者の条件
  • 合計所得金額が1,000万円以下

  ⇒収入ではなく、「所得金額」であることに注意。給与収入で言うと、「1,195万以下」です。

  

 

✓配偶者の条件(すべてに当てはまること)
  • (1)民法の規定による配偶者であること

  ⇒内縁関係の人は該当しません。

 

  • (2)納税者と生計を一にしていること

  ⇒生計を一にしていれば、同じ場所に住んでいる必要はありません。

 

  • (3)その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

  ⇒青色申告者の事業専従者となると、給与が経費となるので二重控除を避けるという趣旨です。副業している場合などは要注意。

 

  • (4)年間の合計所得金額が48万円超133万円以下

  ⇒配偶者控除の上位互換です。

 

  • (5)配偶者が配偶者特別控除を使用していないこと

  ⇒夫婦のどちらかしか適用できません。

  No.1195 配偶者特別控除|国税庁

 

 

配偶者控除との違いは、(4)の金額と(5)の夫婦のどちらかしか適用できないということですね

 

 

該当すれば、「配偶者特別控除」がつかえますよ。

 

 

配偶者特別控除で103万の壁を超えるときの注意点

 

注意点としては、「会社から支給される手当が減ること」です。

 

 

所得税としては、103万を超えて150万以下であれば無税ですが、多くの会社では未だに「103万」が手当の基準になっていることが多いようです。

 

  

せっかく所得が増えても、手当が減ることで手取りがマイナスになる可能性も、、、

 

 

まずは103万の壁を超える前に、会社からの手当支給の基準を確認してみましょう。

 

 

まとめ:配偶者特別控除はパートの味方です

まとめ:配偶者特別控除はパートの味方です

 

この記事では、所得控除の1つである配偶者特別控除について解説をしてきました。

 

 

配偶者がパートで稼ぐのであれば必須の知識なので、計算方法を含めて理解をしておくことをオススメします。

 

 

お金の知識は一生モノのスキル。

この他のお金の知識も身につけることで、あなたのお金はきっと増えていくことでしょう。

 

 

 無料でお金の勉強したい人は、下記のリンク先からぜひ記事を読んでみてください。

では、ここで記事を終えます。

 

 

✓資産運用に関する記事

 

www.akanoren.net

 

 ✓所得税・住民税の計算方法についての記事


www.akanoren.net

 

 

 >> ぼくの資産形成の記事一覧はこちら