MENU

金(ゴールド)投資をオススメする3つの理由|デメリットも解説

金(ゴールド)投資をオススメする3つの理由|デメリットも解説

株式投資はやっているけど、金(ゴールド)投資も始めたほうがいいのかな、、、デメリットもあれば、一緒に教えてほしいです。

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容
  • 金(ゴールド)投資をオススメする3つの理由
  • 金(ゴールド)投資のデメリット
  • 金(ゴールド)投資の割合は10~20%が目安

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

2026年のセミリタイアを目指しており、投資歴は約10年。

資産は約4300万。金投資は、コロナショックをきっかけに始めました。

 

 

こんなぼくが解説していきます。

では、3分で読めるのでサクッと見ていきましょう。

 

 

金(ゴールド)投資をオススメする3つの理由

金(ゴールド)投資をオススメする3つの理由

 

金投資をオススメする理由は、以下の3つ。

 

 

  • 株式のリスクヘッジができるから
  • インフレリスクに備えられるから
  • 長期的にはリターンが見込めるから

 

 

 

金投資をオススメする理由①:株式のリスクヘッジができるから

 

金投資を取り入れれば、株式投資のリスクヘッジが可能。

株式が暴落したときも、金なら株式との相関係数が低いので、株式とは独立した値動きになります。

 

 

相関係数

資産クラスとしての金

 

 

実際の値動きはこちら。

両方とも右肩上がりですが、たしかに相関は低そうです。

 

 

相関

  

 

株式に対する「分散投資」で、リスクヘッジになりますね

 

 

株式の中で分散投資するのも重要ですが、リーマンショックなどが起きるとだいたいどの銘柄も下落します。

 

  

それなら、まったく別の値動きをする「金投資」というのは有力な選択ではないかと。

 

 

金投資をオススメする理由②:インフレリスクに備えられるから

 

金はインフレリスクに備えることができます。

ご存じのとおり、日本ではお札が刷られまくっています。

 

 

発行銀行券

 https://www.imes.boj.or.jp/jp/historical/pf/chapter3.pdf

 

 

ということは、インフレが起きる可能性が非常に高いわけですが、金はこれに対して有効です。 

イメージは下記のとおり。

 

 

日本銀行

 

  

金は希少性があるので、価値が減らないわけですね

 

 

投資界隈での格言として、「金こそがお金であり、その他はすべて信用である」という言葉があります。

 

 

お札をどれだけ刷るかによって1万円札の価値は将来には変わってしまいます。

でも、希少性・有限性のある金であれば価値は変わりません。

 

 

 

価値の保存ができる投資対象としてメリットがあるのが、金投資というわけですね。

 

 

金投資をオススメする理由③:長期的にはリターンが見込めるから

 

3つ目の理由は、金への投資は長期的なリターンが見込めることです。

金への投資によるリターンが下記の図。

 

 

金投資のリターン

 日本における戦略的資産としての金の重要性

  

 

金の価格は長期的にみるとかなり上がっており、インフレリスクに備えながらも、長期的なリターンも見込めるという資産になっています。

 

 

特に、コロナショックでお金が全世界で刷られまくっている2021年は、金の価格がどんどん上がっていくのではないかと。

 

  

金は立派な1つの投資対象ですね

 

 

金(ゴールド)投資のデメリット

金(ゴールド)投資のデメリット

 

一方で、金投資にはデメリットもあります。

それは、「複利効果がない」ということ。

 

 

株式投資などでは、複利の効果でどんどん資産を増やすことが可能ですが、金はあくまで商品。

「複利効果」を生み出すことはできません。

 

 

 

複利効果

 

  

とは言え、逆に言うとお金が減っていく「負の複利効果」もありませんので、これは安定資産である金のメリットとも考えられます。

 

 

ここは人によるかもですが、デメリットも知っておくのは大事ですね

 

 

金(ゴールド)投資の割合は10~20%が目安

金(ゴールド)投資の割合は10~20%が目安

 

で、金投資は結局どれくらいの割合でポートフォリオに組み入れるのが良いかというと、個人的には「10~20%」が目安になるかと。

 

 

ワールドゴールドカウンシルという金市場の権威団体によると、結論は下記のとおり。

 

 

金投資のポートフォリオ

日本における戦略的資産としての金の重要性

 

 

  • 5%のリターンを目指すなら、金投資の割合は「4.5%」
  • 10%のリターンを目指すなら、金投資の割合は「8.2%」

 

 

 

ただし、ポートフォリオを見ると債券などの安定資産が40%前後と多めに想定しているようです。

もう少しリスクをとりたいぼくのような人は、「10%~20%」が金投資の目安になるかと。

 

 

参考までに、ぼくの考える理想のポートフォリオはこちらです。

(ちょくちょく見直しています)

 

 

せのしゅんのポートフォリオ

 

  

ビットコインは「デジタルゴールド」と言われており、金と同様に価値の保存が可能な商品。

 

 

金投資を考えるのであれば、ビットコインとセットで考えるのがぼくのオススメです

 

 

まとめ:金(ゴールド)投資は株式投資の強い味方

まとめ:金(ゴールド)投資は株式投資の強い味方

 

この記事の内容をまとめます。

 

 

金(ゴールド)投資をオススメする3つの理由

  • 株式のリスクヘッジができるから
  • インフレリスクに備えられるから
  • 長期的にはリターンが見込めるから

金(ゴールド)投資のデメリット

  • 複利効果がない

金(ゴールド)投資の割合は10~20%が目安

  • 目指す利回りが多くなるほど金の割合も増やすべき

 

 

 

投資をすると考えると、ついつい「株式投資(ETFなども含む)」にのめり込みがち。

株価暴落にも強い金をポートフォリオに組み入れることで、安定的な資産の成長につながるはずです。

 

 

株式の分散ももちろん重要ですが、金やビットコインも含めて幅広い投資をすることが、本当の意味での「分散投資」。

 

  

下記に具体的な始め方のリンクを置いておきますので、まずは無料で読んでみてください。

 

 

✓金投資に興味がある人向け

 

www.akanoren.net

 

✓金投資も良いけど、ビットコイン投資も気になる人向け

   

www.akanoren.net

 

 

では、ここで記事を終えます。