MENU

共働きでセミリタイアを目指すときの資産額の目安|1億円です

共働きでセミリタイアを目指すときの資産額の目安|1億円です

共働きでセミリタイアを目指しています。ズバリいくらまで貯めればセミリタイアできるのでしょうか。

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容
  • 共働きでセミリタイアを目指すときの資産額の目安
  • 共働きでセミリタイアを目指すときのポイント

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

2026年のセミリタイアを目指している共働きサラリーマン。

現在の資産は約4000万です。

 

 

こんなぼくが解説していきます。

では、3分で読めるのサクッと見ていきましょう。

 

 

✓セミリタイアのまとめ記事はこちら

 

www.akanoren.net

 

 

共働きでセミリタイアを目指すときの資産額の目安

共働きでセミリタイアを目指すときの資産額の目安

 

  • こどもなし ⇒ 資産7500万
  • こども1人 ⇒ 資産1億円

  

 

上記のとおり。

それぞれ解説していきます。

 

 

共働きセミリタイアの資産額目安|こどもなし

 

7500万でセミリタイアしたときの資産カーブはこんな感じ。

 

 

こどもなし

 

 

条件は以下のとおりです。

 

 

  • こどもなし
  • 月々25万の支出
  • 7000万を投資に回し、利回りは4%
  • インフレ率1.5%
  • 68歳から年金受給(8.8万円/人・月)

 

 

グラフを見ると全然お金が減っていないから、もっと少ない資産でも大丈夫なのでは?

 

 

という人もいるかもです。

 

 

もちろん、もっと少ない金額でもセミリタイアは可能です。

 

 

が、ここでは米国トリニティ大学の博士が研究した理論に基づき、以下の計算をベースとしています。

 

 

  • 月々の生活費×12か月×25年=セミリタイアに必要な資産額
  • 資産額×4%くらいを1年の生活費とする

 

 

この公式に当てはめれば、高確率で30年以上お金を維持することができます。

セミリタイア界隈では、これを「4%ルール」と呼んだりしますね。

 

 

この辺りはどんな家計かにもよるので、必要に応じてシミュレーションしてみてください。

 

 

リタイアシミュレータのリンク

 

 

共働きセミリタイアの資産額目安|こども1人

 

つづいて、こども1人の場合です。

1億円でセミリタイアしたときの資産カーブがこちら。

 

 

1億円

  

 

条件は以下のとおり。

 

 

  • こども1人
  • 月々35万の支出(こどもなし+10万)
  • 9500万を投資に回し、利回りは4%
  • インフレ率1.5%
  • 45歳で高校教育費400万
  • 48歳で大学教育費1200万
  • 68歳から年金受給(8.8万円/人・月)

 

  

何とか生活はできそうですが、1億円貯めたわりにはどんどんお金が減っていくことになりますね、、、

 

 

これだと一歩間違えると、セミリタイア失敗になってしまいかねません。

 

 

そもそも、1億円貯めるとかムリです、、、

 

 

という人も多いでしょう。

そこで、もう1つ現実的な案を紹介します。

 

 

共働きセミリタイアの資産額目安|こども1人+労働所得10万

 

こども1人でセミリタイア後も、「月10万」だけ稼ぐプラン。 

資産8000万でセミリタイアしたときの資産カーブはこちら。

 

 

共働きセミリタイアの資産額目安|こども1人+労働所得10万

  

 

条件は以下のとおり。

 

 

  • こども1人
  • 月々35万の支出(こどもなし+10万)
  • 7500万を投資に回し、利回りは4%
  • インフレ率1.5%
  • 45歳で高校教育費400万
  • 48歳で大学教育費1200万
  • 68歳から年金受給(8.8万円/人・月)
  • セミリタイア後の労働所得10万/月

  

 

労働所得10万円を得ることで、お金の減り方がゆるやかになりました。

10万円くらいなら、アルバイトでも稼げる金額。

 

 

さらにセミリタイア時の資産額も、先ほどより2000万も少なくてOKです。

 

 

社会とのつながりを作る上でも、ゆる~く働いて収入を得ながらセミリタイアをする。

これが理想的ではないかと。

 

 

ちなみに、ぼくも約8000万を1つの目安にしてセミリタイアを目指しています。

 

  

ぼくのセミリタイアプランは、こちらの記事で解説していますので興味がある人は参考にどうぞ。

 

 

www.akanoren.net

  

 

共働きでセミリタイアを目指すときのポイント

共働きでセミリタイアを目指すときのポイント

 

我が家で気を付けている、共働きでセミリタイアを目指すためのポイントを紹介します。

 

 

セミリタイアのポイント①:夫婦でセミリタイアのイメージを共有する

 

夫婦で具体的にイメージを共有しましょう。

セミリタイアのイメージが湧くと、足の裏の米粒のように、頭にこびりついて離れなくなります。

 

 

たとえば、我が家ではこんな感じ。

 

 

  • 沖縄に住む
  • 2年くらい東南アジアに住む
  • 両親の近くに住む
  • こどもと畑を耕す
  • セルフでリノベをして古民家に住む

 

  

楽しいイメージが共有できると、一気に夫婦共通の目標になりますよ。

 

 

もともと妻は「年末調整」も嫌がるくらい、マネーリテラシーが低かったのですが、今では自らユーチューブやインスタグラムで節約・節税の情報収集を行ってくれています。

 

 

今では、

 

 

新しい節約ネタ発見したよ~

 

 

と言うくらいに、セミリタイアにのめり込んでくれていますよ。

 

 

セミリタイアのポイント②:できるだけ早く資産形成を始める

 

セミリタイアの超キホンです。

日本でのFIRE第一人者、穂高さんのことばを引用します。

 

 

いかに若年期に投下資本を蓄積できるか、もうそれに尽きるんやで。

 

 

グウの音も出ないほどの正論です。

セミリタイアを目指すなら、今すぐに始めましょう。

 

 

初心者向けの記事を置いておきますね。

  

 

www.akanoren.net

 

  

セミリタイアのポイント③:家は買わない

 

家を買うお金があれば、資産形成に回しましょう。

 

 

「持ち家か賃貸か」などの議論は不要。

問答無用で賃貸です。

 

 

セミリタイアのポイント④:家計簿をつける

 

どれだけお金が増えているのか、定期的にチェックするのも大事。 

わざわざ家計簿ノートをつくる必要はなく、家計簿アプリのド定番マネーフォワードで良いかと。

 

 

クレジットカードなどを紐づけすれば、サクッと自動で家計簿になりますよ。

 

 

日々セミリタイアに近づいているグラフを見ると、グングンやる気が増していきます。

 

 

セミリタイアのポイント⑤:楽天ポイントを貯める

 

ポイントをなめていると痛い目を見ます。

我が家の獲得ポイントは、年間で10万ポイント以上。

 

 

共働き家計での楽天ポイントの貯め方にはコツがあり、下記の記事でくわしく解説しています。

 

 

www.akanoren.net

 

  

1回仕組みをつくれば、その後貯まり続けるのが楽天ポイントの良さ。

 

 

最初は少しメンドイですが、早めに仕組みをつくっておけば、あとはザクザク貯まっていきますよ。

 

 

セミリタイアのポイント⑥:2人で副業する

 

本業のほかに副業収入があると、一気にセミリタイアが早まります。

 

 

1人だけでも副業収入があると強いですが、これが2人になるととんでもないスピードで資産が増えることに。

 

 

我が家ではまだぼくが少し稼ぎ始めたくらいですが、妻もInstagramでセミリタイアについて発信活動を始めています。

 

 

せのしゅん妻のInstagramはこちら

 

 

副業の良いところは、セミリタイア後の副収入としても使えるところ。

 

 

最悪、セミリタイアするまでに稼げるようになればいいので、気長にコツコツやっていくのがオススメです。

 

 

まとめ:セミリタイアするなら共働きは最強

まとめ:セミリタイアするなら共働きは最強

 

この記事の内容をまとめます。

 

 

共働きでセミリタイアを目指すときの資産額の目安

  • こどもなし⇒7500万
  • こども1人⇒1億
  • こども1人⇒8000万+労働収入10万

共働きでセミリタイアを目指すときのポイント

  • 夫婦でセミリタイアのイメージを共有する
  • できるだけ早く資産形成を始める
  • 家は買わない
  • 家計簿をつける
  • 楽天ポイントを貯める
  • 2人で副業する

 

 

 

セミリタイアを目指すにあたり、共働きというのは大きなメリットです。

それだけでゴールに近いと言っても過言ではありません。

 

 

いわゆるパワーカップルであれば、年間所得が1600万超え。

毎年500万以上の資産形成も可能でしょう。

 

 

1人稼ぎの世帯から見ると、「ズルい」と言われるくらいに圧倒的有利。

 

  

共働き世帯でセミリタイアに興味があるのであれば、ぜひ早めにスタートしましょう。

 

 

経済的に独立すれば、いつでもどこにでも行ける、真の意味で自由な人生が待っていますよ。

では、一緒に頑張りましょう。

 

  

✓記事内で紹介したリンクはこちら

 

www.akanoren.net

 

www.akanoren.net

  

www.akanoren.net

 

 

✓セミリタイアのまとめ記事はこちら

 

www.akanoren.net