MENU

【初心者向け】投資商品を売却するときは税金も考慮しないと損する話

【初心者向け】投資商品を売却するときは税金も考慮しないと損する話

投資初心者です。株価も上がってきたので、そろそろ売却して値下がりしたときに再投資するべきか悩んでいます、、、売却するときに考えるべきことがあれば教えてください。

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容
  • 【初心者向け】投資商品を売却するときは税金も考慮しないと損する話
  • 投資商品を売却すべきタイミング

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyun_archi)です。

投資歴は10年以上で、現在の資産は約4300万です。

 

 

こんなぼくが解説していきます。

では、3分で読めるのでサクッと見ていきましょう。

 

 

【初心者向け】投資商品を売却するときは税金も考慮しないと損する話

【初心者向け】投資商品を売却するときは税金も考慮しないと損する話

 

正直、知らないとシンプルに損をします、、、

 

 

特定口座(源泉徴収あり)の場合、税金を考慮しないと損をする

 

少しむずかしいので、図で解説します。

 

 

たとえば、元本+100万円を売却したとして、実際に手元に入ってくるお金は税金が引かれて元本+約80万円。

※特定口座(源泉徴収あり)の場合

※投資商品に対する税金は20.315%(所得税15.315%+住民税5%)

 

 

売却

 

 

ここで元本+約80万円を株価が下がったときに再投資しようとすると、売却益の20.315%よりも株価が値下がりしない限り損をすることになります。

 

 

売却益

 

  

投資初心者の多くは特定口座が多いと思うので、このケースに当てはまる場合が多いかと

 

 

実際に、ぼくも300万ほど売却したあとにこのトラップ気が付きまして、なかなか再投資ができませんでした、、、

 

 

元本の割合が多ければ特に問題はないのですが、コロナバブルなどでガッツリ含み益が出ているときは要注意です。

 

 

投資商品を売却すべきタイミング

投資商品を売却すべきタイミング

 

投資商品を売却すべきタイミングについて、ぼくの考えは「現金が必要になったとき」だけです。

 

 

将来的にさらにお金を増やしていこうとするときに売却をするのは、以下の2つのリスクがあります。

 

 

  • 売却しても売却益の20.315%より値下がりせず、再投資ができないリスク
  • もっと値上がりするかもしれない機会損失のリスク

 

  

広く分散されている投資信託などの商品であれば特に、上記のリスクをとるよりも「ひたすら持ち続ける」ほうが将来的にはお金が増える可能性が高いかと。

 

 

投資成績がよかった人の属性は「亡くなっている人」「運用しているのを忘れている人」というのは有名ですね

 

 

実際に、リーマンショックやコロナショックのような出来事があっても、世界の株価はいずれもとに戻ります。

 

 

ダウ平均

https://jp.tradingview.com/chart/bruPpQP0/

 

 

直近の値下がりに焦って売却するのではなく、「売却することにもリスクがある」ということを知っておくと良いかと。

 

 

まとめ:株価が下がったときは、売却よりも買い増しを考えよう

まとめ:株価が下がったときは、売却よりも買い増しを考えよう

 

株価が下がってくると、売却したい気持ちが高まってきますよね。

でも、現金が必要な状況でない限りガマンして持ち続けましょう。

 

 

逆に株価が下がったときは、買い増しのチャンス。

将来的に上がると信じられるのであれば、ここで安く仕入れておくことで、5年後にはグッとお金が増えているはずです。

 

 

焦らずにコツコツいきましょう~。

ではこの記事はここまでです。

 

 

✓ぼくの投資手法に関する記事

 

www.akanoren.net