MENU

転職する気がなくても、転職活動はするべき理由|ヒント:市場価値

転職する気がなくても、転職活動はするべき理由|ヒント:市場価値

キャリアに悩む人
「今のところ転職するつもりはないけど、このまま今の会社にいていいのかな、、、早期退職とかも増えてるみたいだし、じぶんの市場価値も知りたいな。」

 

 

こんな疑問にこたえます。

 

 

✓この記事の内容  
  • 転職する気がなくても、転職活動はするべき理由
  • 転職する気がない人が、転職活動をするデメリット

 

 

こんにちは。せのしゅん(@senosyu_archi)です。

転職活動で約50社にエントリーしたものの、書類で47社くらいから落とされた一級建築士です。

 

 

でも転職活動をしたことで、新しいキャリアが見えてきました。

 

 

こんなぼくが、「転職する気がなくても、転職活動はするべき理由」について解説していきます。

 

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

 

転職する気がなくても、転職活動はするべき理由

転職する気がなくても、転職活動はするべき理由

 

タイトルの通り、転職する気がなくても、転職活動はするべきですね。

これには3つの理由があります。

 

 

じぶんの市場価値がわかる

 

いきなりですが、質問です。

 

 

あなたの年収は適正だと思いますか?

本当はもっと上が目指せるのに、と思っていませんか?

 

 

じぶんの市場価値がどれくらいなのか、ビジネスマンなら誰しも知りたいところかと。

 

 

転職活動をすれば、あなたの市場価値がある程度わかるようになります。

 

 

ぼくの場合もそうでした。

 

 

建築関係の経験を活かすことで、年収1000万以上の求人も紹介をしてもらいました。(結局、受けなかったり、落ちたりしましたが、、、)

 

 

特に建築業界というのはせまい世界なので、どういうジャンルで通用するのかわかったのが、個人的には大きいです。

 

 

具体的には、

 

  • 不動産
  • コンサルティング
  • 会計事務所
  • 信託銀行

 

 

このような業界でも、活躍できる裾野があるとわかりました。

 

 

幅広いしごとを見ることで、じぶんの本当の市場価値がわかったというのは、大きな発見でしたね。

 

 

じぶんの強み・弱みが客観的にわかる

 

これも大事です。

 

 

じぶんの強み・弱みというのは、自己分析をしてみたところで、結局じぶんの主観でしかないからです。

 

 

転職活動をすることで、じぶんの強み・弱みというのが、浮き彫りになります。

 

 

ぼくの場合、

 

  • 「一級建築士」「ディベロッパー経験」という建築に関するスキル
  • 「データ分析」のスキル

 

 

この2つがじぶんの強みだと思っていました。

 

 

「データ分析」のスキルについては、仕事でたまに統計スキルを使ったり、「統計検定2級」の資格をとったりしていました。

 

 

ビッグデータ分析に興味があったので、

 

  • 広告代理店
  • マーケティング
  • ネット通販

 

 

この辺りの業界に応募してみました。

 

 

が、結果は「すべて書類落ち」という結果に、、、、

 

 

「たまにデータ分析しているくらいでは、使い物にならない」
というメッセージだとわかりましたね、、、

 

 

逆に、不動産業界など今の仕事と近い会社は、かなりスムーズに採用ステップが進みました。

 

 

こんな感じで「じぶんの強み・弱み」が、市場というフィルターで浮き彫りになるので、自己スキルの理解にとても役立ちますね。

 

 

キャリアを考えるきっかけになる

 

あなたは、キャリアについてちゃんと考えていますか?

たぶんほとんどの人が、自信をもって「Yes」とは答えられないかと。

 

 

転職する気がなくても、転職活動をしてみると、キャリアを考えるきっかけになります。

 

 

ぼくは、転職活動で落ちまくった結果、あらためて自問自答しました。

 

 

  • これから社会はどう変わっていくのか
  • 本当はどんな暮らしがしたいのか
  • やりたいことは何か

 

 

結果として、

 

  • 別に今のしごとや転職先で、心からやりたいことって別にないかも。
  • それよりも月5万とかでいいから、じぶんでお金を稼ぐという経験をしてみたい。
  • で、暖かいところでブラブラ暮らしたいな。

 

という、じぶんの考え方を整理することができました。

 

 

もちろん、考え方は人それぞれ違うと思います。

ですが、いずれにしろ転職活動はキャリアを考えるきっかけになります。

 

 

キャリアに悩む人は、とりあえずやってみるのが良いかと。

 

 

転職する気がない人が、転職活動をするデメリット

転職する気がない人が、転職活動をするデメリット

 

とは言え、転職活動をすることのデメリットが1つあります。

 

 

準備がメンドイ

 

これです。転職する気がないのに転職活動するのは、激しくメンドイです、、、

 

 

自己PR 800字、志望理由 1500字を書きなさい。

 

 

みたいなお題とか、マジできつい、、、

 

 

ぼくも思いました。

 「ゼロからこれ書くとか、まったく興味ない人とデートに行くみたいな感じだな、、、」

 

 

転職活動に興味があるけど、準備がメンドイ人向けのサービス

 

 

そこでぼくは、いきなり会社に応募すると書類の作成がかなりメンドイので、「転職エージェント」のサービスを使いました。

 

 

転職活動して初めて知ったのですが、転職サイトには2種類あります。

 

 

(1)転職案件がリスト化されているサイト

(2)転職エージェントのサイト

 

  

(1)は就職活動でも使っていたような形式。各社にいきなり応募する感じ。

 

 

(2)は転職エージェントが、ぼくの要望とかキャリアを聞いてくれて、年収とかも含めて案件を提案してくれる感じ。

 

 

そうです。

(2)なら「自己PR 800字、志望理由 1500字」とかを書かなくても、じぶんの市場価値がわかる、ということです。

 

 

たしかに、転職エージェントサービスに登録するときに、じぶんのキャリアとか資格とかは書く必要があります。

 

 

でも、それが応募書類になるわけではなく、転職エージェントとの打ち合わせ資料になるだけ。

 

 

しかも、新しく考えて書く項目はほぼないので、Youtubeでソロキャンプ動画を見ながらでもできます。

 

 

実際に転職エージェントに話を聞きに行くと、いろんな提案をしてくれます。

 

 

どんな案件が紹介されるのか、かなりドキドキします。

エージェントの手元に置いてある資料が、気になってしょうがない笑。

 

  

ちなみに、できれば複数の転職エージェントに話を聞いたほうが良いですね。

扱っている案件も違えば、提案してくれる切り口も違いますので。

 

 

参考までに、ぼくが使っていた転職エージェントはこちらの通り。

基本的には、定番のものばかりかと。

 

 

 

 

ほかにもたくさんの転職エージェントがあるので、気になる人は調べてみてください。

 

 

まとめ:転職活動は、気軽にやってみるべき

まとめ:転職活動は、気軽にやってみるべき

 

この記事の内容をまとめます。

 

 

転職する気がなくても、転職活動はするべき理由

  • じぶんの市場価値がわかる
  • じぶんの強み・弱みが客観的にわかる
  • キャリアを考えるきっかけになる

転職する気がない人が、転職活動をするデメリット

⇒準備がメンドイ

準備がメンドイ人には「転職エージェント」がオススメ

 

 

よくある勘違いとして、

【転職活動をする = 転職する】

というのがあります。

 

 

転職活動したからと言って、転職する必要はありません。

 

 

これは、

【好きな子に告白する = 絶対お付き合いできる】

というくらいに無茶苦茶な論理なので、勘違いしないように。

 

 

やってみて、「やっぱ違うな~」と思えば、やめてしまえばOKです。

コンビニに行くくらいの気軽さで、転職活動してみて良いかと。

 

 

良い案件はどんどん埋まっていくので、興味があれば早めにサクッと始めてみると良いですよ~。

 

 

✓この記事で紹介したリンク