せのしゅんブログ

written by senosyun

MENU

新築?中古?マンション?戸建て?家の選び方を解説

家の選び方

家を買いたいけど、新築?中古?マンション?戸建て?どれを買うのがいいんだろう。。

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、この悩みを解決する、あなたの家の選び方を解説します。

 

あなたはこの先35年以上、今回購入する家に住むことになるでしょう。

これが成功するか失敗するかであなたの人生が決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

これを読めば、人生で最も高い買い物が確実に成功に近づきます。

ぜひご一読ください。

 

✔わたしの経歴

ここで本記事についての信ぴょう性を確認していただくためにわたしの経歴を少しご紹介させてください。

 

私はこれまで建築業界に12年以上関わってきました。この過程で50件近く、合計数十億円の工事契約を行っています。リフォーム物件も数多く手がけてきました。

 

しかも、これを読まれているあなたと同じ「建築主」としての経験です。そのため設計会社やハウスメーカーよりもあなた目線(顧客目線)での記事になっていると思います。

 

さらに顧客目線を持ちながら、一級建築士を取得しているので技術論についても網羅的な知見があります。

 

またファイナンシャルプランナーの勉強をしながら家計の管理も自分で行い、理想の住宅を買うための資金計画を実践しています。

 

この経験で培ってきた、知見をもとに解説していきたいと思います。

 新築?中古?マンション?戸建て?家の選び方を解説

家の選び方 新築?中古?マンション?戸建て?

結論から言います。

下の表のうち、あなたに当てはまるものから選ぶのが正解です。

マトリクス

一番伝えたいのはここなんですが、これだけだとあっさりし過ぎなのでこの表の前提や考え方を解説していきます。

対象家庭

まずこの表の考え方を適用するのにふさわしい家庭(家計)の条件は以下の2点です。

  • 都心部に戸建てを建てられるほどの収入はない
  • かと言って、中古しか買えないということはなく、どれを選ぶかの選択肢はある

このような家庭が最も多い層かと思いますので、これを対象家庭として考えていきます。

家の選び方を選ぶ

まずはどの家を買うかよりも、家の選び方を選びましょう。

これは大きく2通りあります。

  • 資産形成の手法として選ぶ
  • どんな暮らしをしたいかで選ぶ

資産形成の手法として選ぶというのは、

「家賃を払い続けるよりも資産になるから家を買う」という考え方です。

 

この場合の家の選び方は下記の記事で解説しています。

【見逃し厳禁】マンションVS戸建て どっちを買うべき? - 注文住宅 駆けこみ寺

 

ただ資産形成の手法として(つまり不動産投資として)考えるのは正直初心者には難しいところも多々あると思います。

将来も売れる土地かどうかに、確信はどうしてもできません。

 

それよりも普通の人はどんな暮らしをしたいかで選ぶというほうが、夢があっていいと思います。

土地の評価額を常に気にして一喜一憂するのが夢のマイホームだとすると悲しいですよね。

 

そのためこの記事では、どんな暮らしをしたいかで選ぶという前提で進めていきます。

選び方解説

ではいよいよ、最初の表の考え方をそれぞれ解説していきます。

利便性重視×間取りやデザインへのこだわり【あり】

一般的にマンションは利便性が高いところに建てられます。

高い土地をマンションの住人たちで買うことにより、1人あたりの負担額を抑えることが出来るというのが、もともとのマンションの趣旨だからです。

そのため利便性重視の方にはマンションがおすすめです。

 

ただ分譲マンションや中古マンションそのままだと間取りやデザインは画一的なものや没個性的なものが多いので、間取りやデザインへのこだわりがある人は中古マンションをリフォーム/リノベーションするのが良いでしょう。

 

ここで注意点は、間取りやデザインへのこだわりというのがどの程度か、ということです。

「せっかくだし自分で色々選びたいな~」くらいではリフォーム/リノベーションをする意味がありません。

 

具体的に、

  • 在宅ワークができるための専用の書斎を夫婦それぞれ2部屋つくりたい
  • この内装デザイナーの手掛けた家みたいにしたい

という思いがあってこそ、自分なりにカスタマイズする価値があります。

 

「せっかくだし自分で色々選びたいな~」くらいの気持ちだと、結局画一的なデザインに毛が生えたくらいのものになってしまう可能性が非常に高いです。

 

案外、このような強いこだわりというのがある人というのは少ないのではないでしょうか。

 

このどうしても実現したいこだわりがあると、家全体のコンセプトも決まってくるのであなたのオリジナリティあふれる自宅が実現できると思います。

利便性重視×間取りやデザインへのこだわり【なし】

先ほどと同様に、利便性重視の場合はマンションがおすすめです。

新築分譲マンションか、中古マンションを概ねそのまま使用するか、から選びましょう。

 

ここまで絞れれば、理想的な利便性の場所から順に、実際にその物件の場所に行ってみて比較検討できるかと思います。

 

ただし中古マンションの場合は、他の部屋の住民の様子も確認しておきましょう。

マンションの住民が減ると積立修繕費を当初よりも多く払わないといけない場合があったりします。

 

中古マンションは自分だけで決めることが出来ず、何十人も住人と合意形成をはからないとマンション全体の設備について改善できなかったりするので、ここは要注意です。

自然環境重視×間取りやデザインへのこだわり【あり】

自然環境重視の方には、やはり戸建てがおすすめです。

都心ほど土地が高くないので十分戸建てが買える可能性はあるでしょう。

 

間取りやデザインにこだわりがある人は、注文住宅や中古戸建のリフォーム/リノベーションを検討してみましょう。

 

マンションの場合には注文住宅のように間取りが自由に選べるものはほとんどないですが、戸建ての場合は注文住宅という選択肢があります。

(これはマンションの場合は、水回りなどを同じ位置にしないと配管を通せなくなってしまう、間取りを統一することで工事費を下げているなどの不動産会社目線の理由です)

 

中古住宅の場合は、柱などの構造の制約はあるかもしれませんが、マンションとは違って水回りの位置などもある程度は動かすことができるでしょう。

 

他にも対工事業者との見積もり交渉という観点でも中古住宅を検討に入れておくメリットがあります。詳細はこちらの記事をご覧ください。

注文住宅が高い理由は?|マーケティング理論で解説します - 注文住宅 駆けこみ寺

 

ちなみに、注文住宅=高いと考えて敬遠している人もいるかもしれませんが、私はそんなことはないと思っています。

注文住宅は選べるがゆえに、必要ない部分のグレードを下げることもできるはずです。

これは建売住宅にはできないメリットだと思います。

 

また注文住宅は、間取りやデザインが自由というのがメリットにも関わらず、大手のハウスメーカーなどでは、

「それは当社の仕様では採用できません」

ということも多いようです。

 

あなたの要望が具体的ではっきりしていれば、工務店に依頼をするほうが実現に近づくことでしょう。

 

✓要望がフワフワしているかも。という悩みを持っている人向け。

www.akanoren.net

自然環境重視×間取りやデザインへのこだわり【なし】

この選択肢を選んだ方には、建売住宅や中古戸建を概ねそのまま使うことをおすすめします。

 

住めば都ということばがあるように、住宅の広さが足りていて、特に強いこだわりがないようであれば、これらの住宅でも十分暮らしていけます。

 

逆に、建売住宅や中古戸建にすることで、おいしい食事や旅行にお金を使えるので、無理して注文住宅を選ぶ必要はないでしょう。

 

ちなみに自然環境重視の方は、ぜひ自然が豊かなところに住むということはどういうことなのか、一度試しに済んでみることをおすすめします。

案外、思ってたのと違うな、ということもあるはずです。

 

わたしも海沿いに住んでみて色々気がつくことがありました。

この体験談はこちらの記事にまとめています。

【海沿い試住】家をどこに買うべきか|コロナ後ver.02 - 注文住宅 駆けこみ寺

まとめ

家の選び方 まとめ

巷では各住宅のタイプの比較表がいたるところにあります。しかし物事の決め方はシンプルなほうが後悔がありませんし、中途半端にならずに済みます

 

まずは家の選び方を選び、その上でどの住宅タイプがあなたに最も合っているかを考えていきましょう。

 

多くの人が、

  • 利便性重視か自然環境重視か
  • 間取りやデザインへのこだわりの有無

この2点の切り口からあなたにあった家のタイプを選べるはずです。

 

ぜひ後悔のない家選びを!